小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
最新のコメント
saheiziさん 親..
by cuckoo2006 at 11:10
近所の子供が話をしたこと..
by saheizi-inokori at 22:45
登山の後の車中のビールこ..
by cuckoo2006 at 13:41
この歌大好きです。山や海..
by まさ尋 at 10:01
まさ尋さん 旧中山道歩..
by cuckoo2006 at 21:45
突き出しつまんだ呑めない..
by cuckoo2006 at 21:34
飲めない人のことを考えな..
by まさ尋 at 07:49
今山の会で月1回旧中山道..
by まさ尋 at 07:45
saheiziさん 痛..
by cuckoo2006 at 01:19
ほんとに健康なときにはち..
by saheizi-inokori at 20:58
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「蛇を踏む」 川上弘美[著]

  d0074962_17020237.jpg藪で、蛇を踏んだ。「踏まれたので仕方ありません」と声がして、蛇は女になった。「あなたのお母さんよ」と、部屋で料理を作って待っていた…。若い女性の自立と孤独を描いた芥川賞受賞作「蛇を踏む」。“消える家族”と“縮む家族”の縁組を通して、現代の家庭を寓意的に描く「消える」。ほか「惜夜記」を収録。(文庫本裏表紙より)  
 

 
 「蛇を踏む」は、まあ何とか読めました。あとの二篇「消える」は読むのに苦痛を強いられ、「惜夜記」は読んでいるうちに腹が立ってきて途中で止めました。芥川賞作家の難解さ、などというものではなく、私には、話している本人も整理できてない昨夜見た断片的な夢の話を長々と聞かされているようでした。熟れてない話を聞く辛さを感じました。

 著者川上弘美さんが、あとがきで、自分の書く小説をひそかに「うそばなし」と呼んでいる、その中で遊んでくれたら嬉しい、と結んでいます。「蛇を踏む」の中では遊べませんでしたが、1996年発表のこの作品から10年後に出された真鶴」 では、現実と妄想の狭間の世界へぐんぐん引き込まれました。「うそばなし」が格段に進歩しています。デビュー以後着々と、単細胞読者をもしっかり取り込むプロの小説家へと変貌を遂げていったのでしょう。何といっても良い小説の第一条件は、読者を疲れさせず退屈させずにページを捲らせることだと思います。

 さて、「蛇を踏む」、おどろおどろしい話という先入観があったのですが、さくさく読めました。女学校の理科の教師を辞めたヒワ子は、数珠屋「カナカナ堂」に勤めている。ある日、公園へ行く途中の藪で蛇を踏んでしまったヒワ子の部屋に女の姿になった蛇が棲みつく。蛇はヒワ子に「蛇の世界はあたたかいわよ」と毎日自分達の世界へ来るように誘う。一方、駆け落ちして夫婦となった数珠屋の主人のコスガさんの妻ニシ子さんの元にもずっと蛇がいるようだった・・・・

 こちら側の世界に居場所を見つけられない人達の元へ蛇が現れてするりと向こう側へ誘う・・・っていうお話なんだろうなあと感じましたが、最後まで読者の想像力に物語を委ね過ぎのように思います。「若い女性の自立と孤独を描いた云々」という解説は親切過ぎるのじゃないでしょうか。ばっさり終わった不完全燃焼の面白くない後味が残りました。

 それにしても川上弘美さんの小説は守備範囲が広い。ベストセラー「センセイの鞄」は川上さんの代表作だし今年1月に読んだ「これでよろしくて」は婦人公論に連載され主婦層読者をターゲット。隆々たる才能の幅を感じます。結構妥協して書いてるとこもあるのカナ、は余計なお節介ですが、これからも楽しみに読ませて貰います。

by cuckoo2006 | 2010-11-30 22:49 | 本(日本のもの) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cuckoo2006.exblog.jp/tb/12395235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「ノルウェイの森」 監督トラン... 「終着駅 トルストイ最後の旅」... >>