小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
最新のコメント
saheiziさん 親..
by cuckoo2006 at 11:10
近所の子供が話をしたこと..
by saheizi-inokori at 22:45
登山の後の車中のビールこ..
by cuckoo2006 at 13:41
この歌大好きです。山や海..
by まさ尋 at 10:01
まさ尋さん 旧中山道歩..
by cuckoo2006 at 21:45
突き出しつまんだ呑めない..
by cuckoo2006 at 21:34
飲めない人のことを考えな..
by まさ尋 at 07:49
今山の会で月1回旧中山道..
by まさ尋 at 07:45
saheiziさん 痛..
by cuckoo2006 at 01:19
ほんとに健康なときにはち..
by saheizi-inokori at 20:58
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「イリュージョニスト」 監督シルバン・ショメ

d0074962_14104128.jpg
ストーリー
フランスの喜劇王ジャック・タチが娘のためにのこした脚本を、「ベルヴィル・ランデブー」のシルバン・ショメ監督がアニメ映画化。舞台は1950年代のパリ。初老の手品師タチシェフは、場末のバーで時代遅れの手品を披露しながら細々と暮らしていた。ある日、スコットランドの離島にたどり着き、そこで貧しい少女アリスと出会う。タチシェフを魔法使いだと信じこみ慕うアリスと、生き別れた娘の面影を重ねるタチシェフ。2人はエジンバラで一緒に暮らし始めるが……。
キャスト (eiga.comより)
クロード・ドンダ、エルダ・ランキン


 ゴールデンウィーク明けに駆け込み見逃さずに済みました!今までに観たアニメーションの中で文句なしのピカ一。パリ、ガス灯、ミュージックホール・・・私はもともとこの辺の雰囲気に弱いのですが、(「幸せはシャンソニア劇場から」もツボだった)、とにかく画面の「絵」が美しい。街の描写の繊細さ、人物のなめらかな身のこなしに魅せられました。セリフはほとんどありません。

 ロックンロールとテレビの台頭で時代は大きく進み、かつての人気を失った老マジシャン・タチシャフは場末の劇場を転々とする暮し。そんな現在の境遇を怒るでも嘆くでもなく、淡々と旅を続けながら目の前の客にマジックを披露してみせます。いつでもどこでも身だしなみ良く、マナーは紳士そのもの。これが本当に素敵でした。たとえ時代遅れであろうと自分のマジックのスタイルがしっかりある。これが生きるスタイルに繋がっているように思えました。

 一方、彼を魔法使いと信じ込む少女アリスは、純真と言えばその通りですが、ちと図々しかった。年寄りを長椅子に寝かせて平気というのはヒドイでしょう。それでもタチシャフはアリスを喜ばせることが生きる張りになっていたのですね。大人になったアリスが新しい道を歩き出すのを、タチシャフは寂しさと共にこれで良かったと心から思ったことでしょう。したたか酔ったタチシャフがアリスの寝室を覗いてすぐにドアを閉めるシーンは印象的。それから、一緒に旅を続けてきたマジックの看板ウサギとの別れのシーンは沁みます。背伸びしてタチシャフを見送る白ウサギに、鼻の奥が痛くなりました。

 エンドロールの途中で立ち上がれなかった映画は久しぶりです。他の観客も全員が座ったままなので、みんな同じなんだ、と納得していたら最後にもうワンシーンありました。ああ、良かった~

前回、次は「きのね」とお知らせしましたが、まだ下巻の途中なもので、次回にお話しいたします♪
a0163466_1835796.jpg

@シネマート六本木

by cuckoo2006 | 2011-05-11 22:22 | 洋画 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://cuckoo2006.exblog.jp/tb/13560466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 龍眼日記 Longan.. at 2011-07-25 12:05
タイトル : イリュージョニスト
1950年代のパリ。 昔は拍手喝采を浴びていた手品師タチシェフ(声:ジャン=クロード・ドンダ)だが 今では町から町を渡り歩き、小さなバーや劇場で少ない客相手に 時代遅れのマジックを披露し、細々と暮らす日々。 そんなタチシェフがある日訪れたスコットランドの離島で1人の少女 アリス(声:エルダ・ランキン)と出会う。 彼女は生まれて初めて見るマジックに驚き、タチシェフを魔法使いだと思い込む。 島を去る彼の後を追ってきたアリスをタチシェフは追い返すことができず、 言葉も通じないまま2人は一...... more
Commented by sabunori at 2011-07-25 12:01
cuckooさん、こんにちは。
この作品、春に公開されたときに観逃して、現在公開している
劇場を見つけてやっと観ることができました。
劇場で鑑賞してヨカッタです。
絵のノスタルジックさと静かなストーリー展開がとってもステキな
作品でしたね。
私もあのウサギとタチシェフの別れのシーンはウルルッでした。
いいコンビでしたよね。
あのウサギのふてぶてしいタフさがヨカッタです。
アリスについては・・・私も見ていてイライラしてしまいました。
最後まで「真実」について1度も疑問を抱かなかったその鈍感さに。
あのホテルのベッドの件は私も「そりゃ違うだろっ」と心の中で
突っ込んでしまいました・・・。(笑)
Commented by cuckoo2006 at 2011-07-25 21:22
sabunoriさん、こんばんは。
「イリュージョニスト」、ほんとに良かったですよね!
これを越えるアニメにはもう出会えないのでは、と思うほどでした。
何とも言えない雰囲気がツボでした。
あのふてぶてしいウサギはいい味出してましたよねえ。
スコットランドまでの長旅で、ウサギのカゴを最初はボックス席の前に置き、次に横に置き、込みあってくると膝の上に置き、ガラガラになるとまた横に置き、というシーンも好きでした。
この映画、それほど前評判も盛り上がらず私もあやうく見逃すところだったのですが、劇場鑑賞ギリギリセーフでラッキーでした。
モフモフのシロさんにどうぞよろしく♪

<< 「きのね」上・下 宮尾登美子[著] 「ザ・ファイター」 監督デビッ... >>