小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
最新のコメント
saheiziさん 親..
by cuckoo2006 at 11:10
近所の子供が話をしたこと..
by saheizi-inokori at 22:45
登山の後の車中のビールこ..
by cuckoo2006 at 13:41
この歌大好きです。山や海..
by まさ尋 at 10:01
まさ尋さん 旧中山道歩..
by cuckoo2006 at 21:45
突き出しつまんだ呑めない..
by cuckoo2006 at 21:34
飲めない人のことを考えな..
by まさ尋 at 07:49
今山の会で月1回旧中山道..
by まさ尋 at 07:45
saheiziさん 痛..
by cuckoo2006 at 01:19
ほんとに健康なときにはち..
by saheizi-inokori at 20:58
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「浮世女房洒落日記」木内昇[著]

d0074962_13045571.jpg
内容紹介
お江戸は神田の小間物屋、女房・お葛は二十七。お気楽亭主に愛想つかし、家計はいつも火の車。それでも風物たのしんで、美顔の探求余念なし。ひとの恋路にゃやきもきし、今日も泣いたり笑ったり。あっけらかんと可笑しくて、しみじみ愛しい、市井の女房が本音でつづる日々の記録。〈解説〉堀江敏幸


 これはお勧めです。読み終わって得した気分になりました。

 冒頭にあるちょっとした仕掛けが効いてます。この日記を古い洋館の天井裏で発見する現代の「筆者」、その百年ほど前に日記を発見し、これを現代語訳した執筆家の「椋梨順三郎」という人物、そして江戸時代に日記を書いた実際の作者の「お葛」。この三者の手を経て読者の前に現れた日記、という工夫が、江戸に生きる普通の人々の暮らしを本当に覗いている気にさせてくれます。

 現代よりひと月先の季節の、旧暦の日付で進む一年の暮らし。江戸は神田の当時の様子が、一人の女房の目線できめ細やかに描かれます。ひと月が一章で、一章ごとに、当時の風習や語彙についての「注釈」が付く。睦月だったら、「丸髷」、「鉄漿」、「若水」、「紙鳶」、江戸の暮らしが生き生きと想像でき、「注釈」をこれほど楽しく読んだことはありません。

 お葛夫婦の営む「小間物屋」は、今で言うなら美容健康に関連する商品を取り扱う店。お肌や髪のお手入れや当時のお洒落の流行がたくさん紹介されるのが楽しい。またお花見や芝居見物のここぞという時の化粧や着物の柄や髪型の描写に、女たちの浮き浮きする心が伝わってきます。

 江戸の風俗だけでなく、ご近所さんの人物描写も巧みに、お葛の筆は人の心の機微に触れてみせます。当時一番人気があった滝沢馬琴よりも山東京伝の方に読み応えを感じるお葛は、なかなかの洞察力の持ち主。物の見方が確かなのです。せっかちでイイ男好きで、心根が真っ直ぐなお葛さんが実に気持ち良かった。当時の江戸の人って本当にこういうタイプが多かったのではと思えてしまいます。

 そのお葛が、さすが年の功といつも感心する町内の年配者の言葉にも含蓄があります。商売が上手く行かないお葛に対して、事が上手く行かない時には、乗り越えるのではなくやり過ごす、肝心なのは自分の歩幅を過(あやまた)たないこと、「待つ」ことは止まっていることではない、などなど深いお言葉、私もいただきました。

 今と全く違うところも面白いし、今とそう変わらないところも面白い。日記なので、はっきりとした結末はなく、でも何となく結末が察知られる終わり方で、長屋に住む人たちがまだ頭の中で動いているままの心楽しい余韻でした。ちなみに木内昇さんは、のぼり、と読む女性作家です。


★次回は、映画「テッド」です。

by cuckoo2006 | 2013-02-27 20:29 | 本(日本のもの) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cuckoo2006.exblog.jp/tb/17900504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 弥生「桜餅」えてがみどどいつ 如月停留所 えてがみどどいつ >>