小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
最新のコメント
saheiziさん 親..
by cuckoo2006 at 11:10
近所の子供が話をしたこと..
by saheizi-inokori at 22:45
登山の後の車中のビールこ..
by cuckoo2006 at 13:41
この歌大好きです。山や海..
by まさ尋 at 10:01
まさ尋さん 旧中山道歩..
by cuckoo2006 at 21:45
突き出しつまんだ呑めない..
by cuckoo2006 at 21:34
飲めない人のことを考えな..
by まさ尋 at 07:49
今山の会で月1回旧中山道..
by まさ尋 at 07:45
saheiziさん 痛..
by cuckoo2006 at 01:19
ほんとに健康なときにはち..
by saheizi-inokori at 20:58
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「石狩平野」上・下 船山馨〔著〕

北海道・小樽、
貧しい小作農の娘・鶴代が生き抜いた明治、大正、昭和の時代ー

「鶴ンこ」と呼ばれるこの主人公の強く明るく気持がいいことったらなかった。

真っ直ぐ顔を上げ、どんなに苦労して損することになっても決して自分を曲げない。
いつも人生に真正直に立ち向かい貧乏し倒した鶴代13歳から77歳までー

何のかんの言っても、人間、お天道様に恥ずかしくないよう真っ当に生きた者の勝ち、結局それが一番気持がいいものなのだ。この本を読み終えての一番の感想はそんなところ。

世間体など気にしない。些細なことにこだわらず、明日のことは心配しない。
今日生きてることに感謝して目の前にあることを一生懸命やる。
昔の人は、生きていくことで精一杯。こんなこと当たり前に毎日を送っていたのだろうなあ。

下巻の後半からは、もう戦争一色、
「お国のため」の軍国思想の中、鶴代だけはどんなに非国民と迫害されても怯まない。
「生きて帰って来い!」とスジを通してブレがない。

結局、子供も孫もすべてを戦争で失くし、曾孫二人が遺される。
6歳の曾孫の和也と学童疎開をしている姉の和子を迎えに行こうとするところがラスト・シーンとなる。

昭和20年、敗戦真近の東京、和也の手を取り「行こうかね」と歩き出すところで物語は終わる。いやあ、あっぱれだ、鶴代ばあさん!

「どんなに不遇の時でも自分の生きる力で小さなを光りを灯し、その光りで周囲を照らすような人間になるんだよ」

こんなキラリと光る言葉も胸に残った。
せめて自分の足元くらいは照らし、私もせいぜい真っ直ぐ歩いて行きたいと思ったものだった。
by cuckoo2006 | 2006-06-16 23:56 | 本(日本のもの) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cuckoo2006.exblog.jp/tb/3255917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「女たちのジハード」 篠田節子〔著〕 「燃えよ剣」 司馬遼太郎〔著〕 >>