小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
最新のコメント
saheiziさん 親..
by cuckoo2006 at 11:10
近所の子供が話をしたこと..
by saheizi-inokori at 22:45
登山の後の車中のビールこ..
by cuckoo2006 at 13:41
この歌大好きです。山や海..
by まさ尋 at 10:01
まさ尋さん 旧中山道歩..
by cuckoo2006 at 21:45
突き出しつまんだ呑めない..
by cuckoo2006 at 21:34
飲めない人のことを考えな..
by まさ尋 at 07:49
今山の会で月1回旧中山道..
by まさ尋 at 07:45
saheiziさん 痛..
by cuckoo2006 at 01:19
ほんとに健康なときにはち..
by saheizi-inokori at 20:58
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「スプートニクの恋人」 村上春樹〔著〕

d0074962_12564062.jpg『22歳の春にすみれは生まれて初めて恋に落ちた。広大な平原をまっすぐ突き進む竜巻のような激しい恋だった。それは行く手のかたちあるものを残らずなぎ倒し、片端から空に巻き上げ、理不尽に引きちぎり、完膚なきまでに叩きつぶした。―そんなとても奇妙な、この世のものとは思えないラブ・ストーリー!!』(裏表紙より)



これは、良かった。今まで読んだ村上春樹の長編小説の中で一番好きかも知れません。
22歳のすみれが恋に落ちた相手は、ミュウ、17歳年上の女性だった・・・この二人の女性、特にすみれは、村上氏の小説独特の「象徴的人物」として描かれます。

その彼女達の恋の傍観者となる「ぼく」、この24歳の小学校教師にしっくり感情移入してしまいました。村上氏の小説の中のお馴染みの「ぼく」なのですが、初期作品に比べ、かなり観念性が薄まり、現実感が高まっています。問題を起こしたクラスの男児と橋の上から川を眺める場面など、素晴らしく臨場感がある。この橋の上でのシーンが好きで何度も何度も読み返しました。

そして、それぞれが抱える孤独感、喪失感、生き難さの中、自分のペースを掴んで守り、どんな風に現実の世界との折り合いを見つけていくか・・・「ぼく」が語っていくところに共感しました。

暗い映画を観ると、自分の中の暗い部分が共鳴し、ある種の癒やしを得るように、村上春樹の小説が発する波動に不思議なほど力づけられます。登場人物達はすべて心に問題をかかえている。それでも、物語は仄かな光の方へ歩み出すところで終わります。

1999年刊行、村上氏50歳の作品、やや鼻につく春樹臭は薄まり、でもファンには堪らない春樹エキスは健在で、物語には一筋の明るい陽が射しかけ・・私はこの辺りの作品が一番の好み!「辺のカフカ」の一つ前の作品です。
by cuckoo2006 | 2007-06-06 13:04 | 村上春樹 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cuckoo2006.exblog.jp/tb/5561626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「パイレーツ・オブ・カリビアン... 「後鳥羽伝説殺人事件」 内田康... >>