小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
最新のコメント
saheiziさん 親..
by cuckoo2006 at 11:10
近所の子供が話をしたこと..
by saheizi-inokori at 22:45
登山の後の車中のビールこ..
by cuckoo2006 at 13:41
この歌大好きです。山や海..
by まさ尋 at 10:01
まさ尋さん 旧中山道歩..
by cuckoo2006 at 21:45
突き出しつまんだ呑めない..
by cuckoo2006 at 21:34
飲めない人のことを考えな..
by まさ尋 at 07:49
今山の会で月1回旧中山道..
by まさ尋 at 07:45
saheiziさん 痛..
by cuckoo2006 at 01:19
ほんとに健康なときにはち..
by saheizi-inokori at 20:58
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「浮世女房洒落日記」木内昇[著]

d0074962_13045571.jpg
内容紹介
お江戸は神田の小間物屋、女房・お葛は二十七。お気楽亭主に愛想つかし、家計はいつも火の車。それでも風物たのしんで、美顔の探求余念なし。ひとの恋路にゃやきもきし、今日も泣いたり笑ったり。あっけらかんと可笑しくて、しみじみ愛しい、市井の女房が本音でつづる日々の記録。〈解説〉堀江敏幸


 これはお勧めです。読み終わって得した気分になりました。

 冒頭にあるちょっとした仕掛けが効いてます。この日記を古い洋館の天井裏で発見する現代の「筆者」、その百年ほど前に日記を発見し、これを現代語訳した執筆家の「椋梨順三郎」という人物、そして江戸時代に日記を書いた実際の作者の「お葛」。この三者の手を経て読者の前に現れた日記、という工夫が、江戸に生きる普通の人々の暮らしを本当に覗いている気にさせてくれます。

 現代よりひと月先の季節の、旧暦の日付で進む一年の暮らし。江戸は神田の当時の様子が、一人の女房の目線できめ細やかに描かれます。ひと月が一章で、一章ごとに、当時の風習や語彙についての「注釈」が付く。睦月だったら、「丸髷」、「鉄漿」、「若水」、「紙鳶」、江戸の暮らしが生き生きと想像でき、「注釈」をこれほど楽しく読んだことはありません。

 お葛夫婦の営む「小間物屋」は、今で言うなら美容健康に関連する商品を取り扱う店。お肌や髪のお手入れや当時のお洒落の流行がたくさん紹介されるのが楽しい。またお花見や芝居見物のここぞという時の化粧や着物の柄や髪型の描写に、女たちの浮き浮きする心が伝わってきます。

 江戸の風俗だけでなく、ご近所さんの人物描写も巧みに、お葛の筆は人の心の機微に触れてみせます。当時一番人気があった滝沢馬琴よりも山東京伝の方に読み応えを感じるお葛は、なかなかの洞察力の持ち主。物の見方が確かなのです。せっかちでイイ男好きで、心根が真っ直ぐなお葛さんが実に気持ち良かった。当時の江戸の人って本当にこういうタイプが多かったのではと思えてしまいます。

 そのお葛が、さすが年の功といつも感心する町内の年配者の言葉にも含蓄があります。商売が上手く行かないお葛に対して、事が上手く行かない時には、乗り越えるのではなくやり過ごす、肝心なのは自分の歩幅を過(あやまた)たないこと、「待つ」ことは止まっていることではない、などなど深いお言葉、私もいただきました。

 今と全く違うところも面白いし、今とそう変わらないところも面白い。日記なので、はっきりとした結末はなく、でも何となく結末が察知られる終わり方で、長屋に住む人たちがまだ頭の中で動いているままの心楽しい余韻でした。ちなみに木内昇さんは、のぼり、と読む女性作家です。


★次回は、映画「テッド」です。

by cuckoo2006 | 2013-02-27 20:29 | 本(日本のもの) | Trackback | Comments(0)

如月停留所 えてがみどどいつ

d0074962_1732088.jpg

薄日射し込む病院前で春を待ってる停留所
by cuckoo2006 | 2013-02-23 17:06 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

「ライフ・オブ・パイ」監督アン・リー

解説d0074962_15575989.png カナダ人作家のヤン・マーテルが2001年に発表し、ブッカー賞を受賞した世界的ベストセラー小説「パイの物語」を、「ブロークバック・マウンテン」「ラスト、コーション」のアン・リー監督が映画化。乗っていた貨物船が遭難し、一匹のトラとともに救命ボートで漂流することになった少年パイのたどる運命を描く。1960年インド・ポンディシェリに生まれた少年パイは、父親が経営する動物園でさまざまな動物たちと触れ合いながら育つ。パイが16歳になった年、両親はカナダへの移住を決め、一家は動物たちを貨物船に乗せてインドをたつが、洋上で嵐に遭遇し貨物船が沈没。必死で救命ボートにしがみついたパイはひとり一命を取りとめるが、そこには体重200キロを超すベンガルトラがいた。(映画.comより)

 面白かった!最初から最後まで心がスクリーンからぴったり離れませんでした。動物好きには堪らないシーンが一杯で、またそれがCGと分かっているので安心して楽しめます。

 トラと漂流することになるまでの、パイ少年のインドでの家族との時間が描かれるのも良かった。貧しい生い立ちから進取の気性を持つ父とその父の理解者である知的な母の愛情に育まれ、パイは冒険心いっぱいに強く賢く成長します。優等生タイプの兄と反対に無謀なほど生きるエネルギーに溢れるパイ。彼だからこそ、トラとの漂流を生還できたのだと納得してしまいます。

 動物園の閉園を決め、動物達と共に貨物船に乗り、カナダへ向かう一家。しかし夜半の嵐により貨物船は転覆してしまう。波間に漂う救命ボートに辿りつくことができたのは、パイ少年のほかは、負傷したシマウマ、生まれたばかりの子供とはぐれたオラウータン、何としても生き延びようとするハイエナ、そして、“リチャード・パーカー”の名を持つベンガルトラでした、、、、、、

 救命ボートに陣取るトラと、ボートに繋いだイカダの上で過ごすパイ。太平洋のど真ん中、大自然の脅威に晒されながらの両者の攻防。このトラにはかなり心引かれました。トラだって大海の小舟の上で自分に何が起きているのか解らなかっただろうし、どんなにか不安だったことでしょう。腹を空かせたトラが、思わず海面近くの魚めがけて飛び込み狩りをするのですが、その後自力ではボートに上がって来られない。小船の横腹に爪をかけてキコキコする切なそうなトラの大きな顔。オールで打ちのめそうとするパイでしたが、そのオールでトラを引き上げてやるのでした。

 物語は、大人になったパイが、作家志望の青年に漂流の話をする形で進んでいきます。考えてみれば有り得ない話なのですが、最後にパイが青年に語る生還後の話の中の“ある仕掛け”が、物語に現実味を増してみせます。

 トラが弱り切った後、パイとトラが無人島に辿り着いて以降は、パイの妄想なのでは、と私は感じました。それから、シマウマとオラウータンとハイエナはあまりに象徴的な存在で、これはパイが保険の調査員にした二番目の話が事実のように思えます。そして、確かにトラは居た、のだと。敢えてどこまでが事実なのかをはっきりさせないことが物語の魅力をぐんと高めます。いろんなことが頭を駆け巡りながら不思議に愉快な気持ちで映画館を出てきました。


@TOHOシネマズ西新井


★次回は、木内昇の「浮世女房洒落日記」です。

by cuckoo2006 | 2013-02-20 12:33 | 洋画 | Trackback | Comments(2)

如月緋寒桜 えてがみどどいつ

d0074962_13373693.jpg

うす紅ほど良く何より早く緋寒桜は江戸好み
by cuckoo2006 | 2013-02-18 13:39 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

「湿地」アーナルデュル・インドリダソン[著]

a0163466_1454357.jpg内容(「BOOK」データベースより)
雨交じりの風が吹く、十月のレイキャヴィク。北の湿地にあるアパートで、老人の死体が発見された。被害者によって招き入れられた何者かが、突発的に殺害し、そのまま逃走したものと思われた。ずさんで不器用、典型的なアイスランドの殺人。だが、現場に残された三つの単語からなるメッセージが事件の様相を変えた。計画的な殺人なのか?しだいに明らかになる被害者の老人の隠された過去。レイキャヴィク警察犯罪捜査官エーレンデュルがたどり着いた衝撃の犯人、そして肺腑をえぐる真相とは。世界40ヵ国で紹介され、シリーズ全体で700万部突破。ガラスの鍵賞を2年連続受賞、CWAゴールドダガー賞を受賞した、いま世界のミステリ読者が最も注目する北欧の巨人、ついに日本上陸。


 アイスランドが舞台の警察小説。帯に「いま世界のミステリ読者が最も注目する北欧の巨人ついに日本上陸」とあります。図書館で半年待ち。期待が膨らみます。

 レイキャヴィク署のエーレンデュル刑事は、50代、一人暮らし。幼い頃に別れた娘は麻薬中毒、息子は少年厚生施設を出たり入ったり。彼自身は、長年暮らす街にも職場の同僚にも溶け込めず、近頃は頻繁に襲われる胸の痛みに不安を抱えています。十月の灰色の空の下、止むことのない雨と風の中、殺人事件の捜査が始まります。

 自宅の居間で灰皿によって撲殺された老人と一枚のメモ。当初は、単純な物取りに寄る犯行と思われたが、次第に明らかになる被害者の忌まわしい過去。しかし、なぜ今になって彼は殺されたのだろうか、、、、

 単一民族の小さな島国であるアイスランド。その特異な環境の下、事件の真相が解明されます。犯人の顔が浮かび上がった後、これはもう一捻りあるだろう、犯人を庇ったあの人物では?などと頭を巡らせたのですが、そのままの犯人でした。謎解きというよりも、読ませる人間ドラマの印象です。事件の核心部分は、アイスランドという国が舞台でなければ成立せず、正直かなり後味悪く、受け入れ難いものでした。

 人生に疲弊しているエーレンデュル刑事はタイプ。でも、北欧ミステリでは、やはりヘニング・マンクルのヴァランダー刑事シリーズの方が好みでした。それから、登場人物の名前がややこしい。エーレンデュルの同僚が、エーリンボルグで、他にエーリンとエイナルが出て来ます。折角エーレンデュルの家族や同僚達の名前が頭に入ったので、これ一冊では惜しい。エーレンデュル刑事シリーズ、もう少し読んでみましょう♪


★次回は、映画「ライフ・オブ・パイ」です。
by cuckoo2006 | 2013-02-10 18:19 | 海外ミステリー | Trackback | Comments(0)

「きのね」上・下 宮尾登美子[著](再掲載)

a0163466_22582322.jpga0163466_2331086.jpgストーリー  上野の口入れ屋の周旋だった。行徳の塩焚きの家に生れた光乃は、当代一の誉れ高い歌舞伎役者の大所帯へ奉公にあがった。昭和八年、実科女学校を出たての光乃、十八歳。やがて、世渡り下手の不器用者、病癒えて舞台復帰後間もない当家の長男、雪雄付きとなる。使いに行った歌舞伎座の楽屋で耳にした、幕開けを知らす拍子木の、鋭く冴えた響き。天からの合図を、光乃は聞いた…。(文庫本裏表紙より)

 宮尾登美子さんが「国民的作家」と言われることに納得しました。この一冊を仕上げるのにどれだけ資料を調べどれだけ取材し、どれだけの時間を執筆に費やしたのか、ずっしり読み応えがありました。で、文句なく面白かった!

 父親の借金のため一家離散状態にある光乃は、実科女学校卒業後、歌舞伎役者の家へ女中奉公に上がる。華やかな世界の舞台裏へ飛び込んだ光乃は、持ち前の地道で口の堅い気質から信用を得、やがて当家の長男雪雄付きとなる。雪雄は類まれな美男役者だったが、不器用で口下手の癇癪持ちで何故か大事な襲名の折に長患いの病に見舞われていた。光乃は、雪雄の舞台姿を目にしたその日から、拍子木のきの音と共に、雪雄の存在が鮮やかに胸に灼きつく。雪雄の愛人の出産、結婚と離婚、一門宗家への養子入り、そして戦中の耐久生活に光乃は雪雄に自分の命をかけ仕え続ける。そんな日々の中、光乃は雪雄の子供を身籠っていることに気づく・・・・
 
 花形役者だが何だろうが女房に暴力をふるう男など不愉快極まりないし、雪雄の新婚生活が破綻していくのに消極的に加担した(坊っちゃまが蛸がお嫌いなことも若奥様に教えない)光乃は結構したたか。すべての後始末をしてやる“坊っちゃん命”の奉公人・太郎しゅう(この人の江戸弁には聴き惚れた)は、目に余る過保護・・・というふうに途中までは出て来る人があまり好きになれませんでした。しかし、光乃がたった一人で出産をやってのけるあたりからは、そんなことは全部吹っ飛んでいきます。この人は凄い!理屈抜きに。何を犠牲にしても雪雄の芸のために生き、そしてそれ以上に立派なのは、その人の妻となってからも陰から支える役割を一つも変えない。ブレがない。それは見事な人生です。

 私は、光乃の晩年の心模様に引かれました。若い時分の苦しい嫉妬を思い返し、今は多少のことがあっても心が穏やかなことに自分で驚くところ。親類筋の葬儀で、次男と三男の嫁と三人が揃い、「かわいそうなくらいダンチだねえ」と陰口に悲しみながらも、ありのままで自分のできることをしようと決心するところなど、共感しました。

 この物語は良く知られるように、十一代目市川団十郎夫人がモデルとなっています。本を書くにあたり著者は、団十郎サイドから、十一代目のイメージが損なわれるのを心配してか、色よい返事はもらえなかったそうです。しかし、巻末の解説で壇ふみさんが書いている通り、『読み了えたとき、先代の芝居を一度観たかったいう痛恨だけが残り、いささかも偉大な役者の風格を損なわない』に賛成です。それは、歌舞伎の舞台に命を捧げ、それを生涯傍らで支えた妻への労りが充分過ぎるほど感じ取れたから。56歳と59歳で亡くなった夫妻に安らかにと手を合わせたい気持で本を閉じました。


(2011年5/21掲載記事)
by cuckoo2006 | 2013-02-07 18:47 | Trackback | Comments(0)

如月二月の月 えてがみどどいつ

d0074962_18511654.jpg

頬を切る風吐く息熱く少し二月の月と居る
by cuckoo2006 | 2013-02-06 18:52 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

如月鬼の面 えてがみどどいつ

d0074962_1674477.jpg

鬼のお面も昨日の豆も散らばり落ちてる朝ご飯
by cuckoo2006 | 2013-02-02 16:11 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)