小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
最新のコメント
saheiziさん 親..
by cuckoo2006 at 11:10
近所の子供が話をしたこと..
by saheizi-inokori at 22:45
登山の後の車中のビールこ..
by cuckoo2006 at 13:41
この歌大好きです。山や海..
by まさ尋 at 10:01
まさ尋さん 旧中山道歩..
by cuckoo2006 at 21:45
突き出しつまんだ呑めない..
by cuckoo2006 at 21:34
飲めない人のことを考えな..
by まさ尋 at 07:49
今山の会で月1回旧中山道..
by まさ尋 at 07:45
saheiziさん 痛..
by cuckoo2006 at 01:19
ほんとに健康なときにはち..
by saheizi-inokori at 20:58
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

卯月「植木鉢」 えてがみどどいつ

d0074962_1695852.jpg

袋小路に春ふっくらと日向へひろげた植木鉢
by cuckoo2006 | 2014-04-29 16:12 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

「播磨灘物語」(一)(二)(三)(四)司馬遼太郎[著]

a0163466_902833.jpga0163466_91366.jpga0163466_91478.jpga0163466_92896.jpg内容説明 超ロングセラーを文字を大きくした新装版。諸国を流浪する牢人の子に生まれながら、つねに広大な世界に思いをはせていた、戦国末期の異才、黒田官兵衛その誕生から死まで、波乱万丈の一生を描く歴史大作。


 時代小説が苦手な私にも4巻の文庫本がすいすい読めました。「燃えよ剣」よりも「竜馬がゆく」よりもずーっと面白かった。戦国時代は物語の舞台として格段に面白い時代なのでしょう。それから何と言っても、主人公黒田官兵衛がいい。主人公が好きになれないと長編は読めません。 

 物語は、官兵衛の祖父、父の時代から始まります。没落し流浪の日々の中、凛とした姿で誇りを失わず生きた黒田家。教養と品格を武器に、また家代々に伝わる目薬を売ることにより、貧しいながらも戦乱の世を生き抜く様子が描かれます。黒田家のお家芸ともいえる智恵の奥行きの深さと淡白な気質を官兵衛もしっかりと受け継ぐ。彼の生涯のルーツとなるようなこの冒頭部分がとても良いのです。司馬遼太郎は、黒田官兵衛という人間を通して戦国末期を眺めていきます。

 一番面白く読んだのは、武将達の内面の描写でした。官兵衛は秀吉をこう分析してみせます。「大気者」と信長に言われた秀吉は実のところは尋常人以上の小心者。それゆえ彼の心はつねに小波が立っている。また格別な陽気さの肚の中は類がないほどに複雑な男である。信長への忠誠を疑われること、嫉妬されることを死ぬほど恐れ、そのためにはどんな犠牲も厭わない。そして官兵衛は、信長と秀吉の関係を、そのまま秀吉と自分に置き換えます。秀吉の腹心となった官兵衛も彼自身の優秀さを疎むようになる秀吉の嫉妬を感じ取るのでした。

 播磨の地も戦は避けられない状況になり、土豪達は織田側に付くか毛利側に付くか決断を迫られます。毛利有利を言い立てる主周辺に、官兵衛は生き残るためには織田に付くしかないと強く進言します。この場面では、ワタシがここに居たって、そりゃあ毛利を選ぶだろうなぁと思いました。協力しても後でどんな仕打ちを受けるか解らない独裁者・信長よりも、天下取りは目指さないという家訓を持ち、和を重んじる毛利に引かれます。詰まる所、天下を斬り従える才があっても、天下を保つ徳望がなかった信長。信長への憎悪、この一点で豪族も百姓も一つになり抗戦へ流れ込みます。

 歴史小説が心理学の本のように読めることも良く分かりました。「私情さえ殺せば、たいていの人の心や物事はよく見えてくるものだ」繰り返し官兵衛は言います。竹中半兵衛の残した言葉は「私心があってはそれに囚われて物が見えない。物が見えなければ武辺はできない」また「短い一生になせることは一事のみ。一事のほかは、自分はやらない」。このほか、ぎりぎりの状況で吐かれる武将達の言葉には重みがあります。

 行動を美しくしなければ人間の世の中はどうしようもない、と考えた官兵衛は晩年「如水」と名乗ります。年少の頃から物事の姿や本質を認識することが好きだった官兵衛。その能力は秀吉を呆れさせるほど明敏さを発揮したけれど、同時に我執が乏しく自分をせりあげることを怠った、と振り返ります。戦乱の世を涼やかな心映えで生きた官兵衛は、見事な人でした。司馬遼太郎が、この人を描きたかった、という気持ちが良く分かりました。

         激しい時代を静かに生きた黒田官兵衛読み耽る
by cuckoo2006 | 2014-04-26 17:05 | 本(日本のもの) | Trackback | Comments(0)

3分スピーチ@話し方教室「見せたいものを持ってくる」



d0074962_18015020.jpg

皆さま、こんにちは。
今日のお題は、「見せたいものを持って来る」です。

私が持ってきましたのは、小学校6年生の春休みに買ってもらったお人形です。
新宿の伊勢丹のおもちゃ売り場で一目惚れしました。“アッコちゃん”という名前がついていました。
母は、「もうお人形さん買う年じゃないでしょ。やめなさい」と言います。
「もうこれを最後のお人形さんにするから。誕生日のプレゼントはいらないから」と私は粘りました。

母は最後には「しょうがないわねえ。アンタと名前が同じだし、なんだか顔も似ているから買ってあげるわよ」と言ってくれました。

それから、“アッコちゃん”は、私の部屋の机の上や本棚に、いつもこちらを向いて座っていました。
そして、年月は過ぎ、私も大人になり、結婚して家を出て行きました。“アッコちゃん”のことはもうすっかり忘れています。

そしてそれから、また20年程が過ぎたある日、実家の二階を片付けていた時、押し入れの段ボールの中から“アッコちゃん”が出てきたのです。
まあ、良くも捨てられずにいたものです。感激の再会でした。
すぐに“アッコちゃん”を連れて自宅へ帰り、垢じみていた髪と身体を洗ってやりました。

それからはずっと、“アッコちゃん”は、ベッドサイドに私と目が合うように座っています。
ある時、参加していた英会話サークルで、スピーチのネタに人形を持っていき、今のような話をしました。
スピーチを終え、“アッコちゃん”を私の隣の椅子にチョコンと座らせておきました。
するとアメリカ人の先生が、「人形がこっちを睨んでいる!アタックしようとしている。早く仕舞ってくれ!コワイ、コワイ!」と言うのです。
私は、しぶしぶ〝アッコちゃん”を鞄に入れました。

家へ帰り、家族にこの話をし、「冗談でも失礼よね」と憤慨すると、家族は声を揃え、「そ、その人形は、確かに恐いよ」と言うのです。
私は驚き、「エッ?この可愛い人形のどこが恐いの?」と聞きますと、
皆口ごもりながら、「なんとなく、、、」とか「目が恐い、、、」とか答えるのです。

そう言われてみれば、“アッコちゃん”は長い年月ぴったり私のそばにいて、話しかけたり愚痴を聞いてもらったりしてきたので、多少私が乗り移っているのかもしれません、、、

もうここまでくれば、最後の最後の終の棲家まで一緒に行こうと思っています。
“アッコちゃん”を残していくと家族が困ると思うので、私と一緒にお棺に入れてね、と頼んであります。

ありがとうございました。

by cuckoo2006 | 2014-04-12 19:40 | 3分スピーチ@話し方教室 | Trackback | Comments(2)

卯月「ポシェット」 えてがみどどいつ

d0074962_16155695.jpg

ポシェット弾ます巣鴨の春を母が案内してくれる
by cuckoo2006 | 2014-04-08 16:17 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

卯月「朝」 えてがみどどいつ

d0074962_16221377.jpg

雨は上がって四月の空がひかる六十代の朝
by cuckoo2006 | 2014-04-01 16:27 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)