小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
最新のコメント
saheiziさん 親..
by cuckoo2006 at 11:10
近所の子供が話をしたこと..
by saheizi-inokori at 22:45
登山の後の車中のビールこ..
by cuckoo2006 at 13:41
この歌大好きです。山や海..
by まさ尋 at 10:01
まさ尋さん 旧中山道歩..
by cuckoo2006 at 21:45
突き出しつまんだ呑めない..
by cuckoo2006 at 21:34
飲めない人のことを考えな..
by まさ尋 at 07:49
今山の会で月1回旧中山道..
by まさ尋 at 07:45
saheiziさん 痛..
by cuckoo2006 at 01:19
ほんとに健康なときにはち..
by saheizi-inokori at 20:58
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

霜月「黄菊」えてがみどどいつ

d0074962_15060686.jpg
父の具合を尋ねてくれる人も杖つく菊日和
by cuckoo2006 | 2015-11-30 15:07 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

霜月「銀杏」えてがみどどいつ

d0074962_16261400.jpg
紅葉めぐりの旅ゆったりと反対側から富士を見る
by cuckoo2006 | 2015-11-24 16:27 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

「椎茸」霜月えてがみどどいつ

d0074962_14272844.jpg
葱に春菊後ろのカゴも今日は全国的に鍋
by cuckoo2006 | 2015-11-21 14:28 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

「流」東山彰良〔著〕

a0163466_15205038.jpg
内容(「BOOK」データベースより)
1975年、偉大なる総統の死の直後、愛すべき祖父は何者かに殺された。17歳。無軌道に生きるわたしには、まだその意味はわからなかった。大陸から台湾、そして日本へ。歴史に刻まれた、一家の流浪と決断の軌跡。台湾生まれ、日本育ち。超弩級の才能が、はじめて己の血を解き放つ!友情と初恋。流浪と決断。圧倒的物語。

 壮大な家族の物語を読むと、私はいつも大昔に読んだ「楡家の人々」(北杜夫著)を思い出します。「台湾版・楡家の人々」でした。かなりの荒々しい一族の物語です。

 
 1975年、台湾総統の蒋介石が死去した4月、主人公の秋生(チョウシェン)は天真爛漫で無鉄砲な17歳の高校生。

 
 どんなことでも起こりえた無法地帯のような当時の台北市。怒鳴り合いに殴り合いに盗み合い。そんな風景を作者の筆が生き生きと小気味良く描いていきます。

 
 そして同じ年に、秋生の祖父が何者かに殺害される。常に秋生の味方であった祖父も戦時中に村人全員を殺害した過去を持っていました。

 
 混沌とした時代を背景に、罵り合いぶつかり合う家族の濃い愛情が描かれ、祖父殺害の犯人探しというミステリー要素が加わります。

  

 生々しい暴力描写もカラッと明るく、そういうのが大の苦手の私も不快感なく読めてしまいました。仲間がヤラれりゃどっちの兄弟分も黙っちゃいない、の世界です。

 
 そして、この無軌道且つ複雑な内面を持つ主人公にまず好感が持てました。ここで何度も同じこと言ってますが、長編は主人公が好きになれないと読めません。

 
 血の気男気溢れる家族一人一人も印象的ですが、主人公のダメな親友の小戦(シャオジャン)が良かった。映画化されたらこの役は儲け役です。一つ年上の幼馴染の毛毛(マオマオ)も魅力的でした。

 
 とにかくグングン読ませる。キレとセンスに作者の手腕を感じました。プロローグ、エピローグと14章は毎晩1章ずつ読むのにちょうど良い長さ。久しぶりに寝床読書を楽しみました。


 「火花」又吉直樹、スクラップ・アンド・ビルド」羽田圭介と本作「流」東山彰良を続けて読みました。同時受賞の芥川賞と直木賞をいっぺんに読んだのは初めてのこと。これぞ“又吉効果”でしょう。

 
 3作品を読み終わり、それぞれ胸に響くものがありました。その中で私の心と一番共鳴したのは、やっぱり「火花」でありました。



by cuckoo2006 | 2015-11-19 14:26 | 本(日本のもの) | Trackback | Comments(2)

「花」3分スピーチ

皆さま、こんにちは。
今日のテーマは、「花」です。

年を重ねるごとに花や自然が好きになってきました。
昔は、母や叔母達が季節の花を見に出掛けるのを物好きだなあと思っていました。
梅が開くと、毎年水戸の偕楽園へ梅見物に行くのを「えっ?また梅、見に行くの?去年も同じもの見たでしょ」などと憎まれ口をきいていました。

年月は流れ、今では自分も母達そっくりになっています。
季節ごとに、春の始めは長瀞の蝋梅、初夏は堀切の菖蒲、梅雨は鎌倉の紫陽花、というふうに心惹かれます。

若い頃は、桜さえ気づかないうちに咲いて、気づかないうちに散っていました。
けれども、今ではお花見に行かないなんてことは考えられません。
シートを敷いてお弁当を食べるわけではありませんが、ごく近場でもやはり“今年の桜”を味わいたいのです。

この秋も立川市にある「昭和記念公園」にコスモスを見に行きました。
ここには、広大な「コスモスの丘」があり、ピンク、赤、白のコスモスが咲き乱れています。
一斉に風にそよぐ様は、それはそれは、見事な眺めです。
「今年もまたコスモスが見に来られたなあ」と嬉しい気持ちになります。
そんな時、花との出会いは一期一会と感じます。

いちょうも大分色づいてきました。
“今年の紅葉”に会いに行くのも楽しみです。

ありがとうございました。

ハル「コスモスの丘、もうすぐなんだあ」
d0074962_20561336.jpg

by cuckoo2006 | 2015-11-14 21:00 | 3分スピーチ@話し方教室 | Trackback | Comments(0)

霜月「万年筆」えてがみどどいつ

d0074962_17400539.jpg
答えのないのが答えと知って自分探しを終わらせる
by cuckoo2006 | 2015-11-11 17:41 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

霜月「白菊」えてがみどどいつ

d0074962_14001788.jpg
母の好んだりんどう足して白菊抱いてく花手桶
by cuckoo2006 | 2015-11-08 14:04 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

霜月「針山」えてがみどどいつ

d0074962_15115128.jpg
無理は禁物針箱とじて明日へやること取っておく
by cuckoo2006 | 2015-11-03 15:14 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

霜月「洗濯ばさみ」えてがみどどいつ

d0074962_15571238.jpg
星の流れる物干し台に美代ちゃんマチャアキいた昭和
by cuckoo2006 | 2015-11-01 16:03 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(1)