小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
最新のコメント
saheiziさん 親..
by cuckoo2006 at 11:10
近所の子供が話をしたこと..
by saheizi-inokori at 22:45
登山の後の車中のビールこ..
by cuckoo2006 at 13:41
この歌大好きです。山や海..
by まさ尋 at 10:01
まさ尋さん 旧中山道歩..
by cuckoo2006 at 21:45
突き出しつまんだ呑めない..
by cuckoo2006 at 21:34
飲めない人のことを考えな..
by まさ尋 at 07:49
今山の会で月1回旧中山道..
by まさ尋 at 07:45
saheiziさん 痛..
by cuckoo2006 at 01:19
ほんとに健康なときにはち..
by saheizi-inokori at 20:58
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

如月「大根」えてがみどどいつ

d0074962_13375257.jpg
上の子下の子大根キャベツ積んでペダルは駆け上がる
by cuckoo2006 | 2016-02-28 13:39 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

如月「鋏」えてがみどどいつ

d0074962_20572438.jpg
反対叫んだ国会前の老若男女に雨が降る
by cuckoo2006 | 2016-02-24 20:58 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

如月「湯呑み茶碗」えてがみどどいつ

d0074962_21260647.jpg
昔話に羊羹厚く初めて聞くふりしてくれる
by cuckoo2006 | 2016-02-19 21:29 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

如月「菜の花」えてがみどどいつ

d0074962_21045244.jpg
石蹴り遊びの子供の声に角を曲って春が来る
by cuckoo2006 | 2016-02-18 21:06 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

如月「鶴」えてがみどどいつ

d0074962_21140674.jpg
眠った間に帰ったらしい息子の無骨な鶴がある

by cuckoo2006 | 2016-02-17 21:16 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

「母と暮らせば」監督脚本 山田洋次


a0163466_13565465.jpg
解説 1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこれなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。ふたりはたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。ふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。(TOHOシネマズ)

キャスト

吉永小百合 福原伸子

二宮和也  福原浩二

黒木華   佐多町子

浅野忠信  黒田

加藤健一 上海のおじさん

 原爆投下から3年が過ぎた長崎。戦争で大切な人を失った人々の夏から秋、初雪の舞う新年までが描かれます。

 長崎湾を見渡す墓の前で、「もう、諦めた、忘れましょう」と息子の恋人・町子に声を掛ける母・伸子。町子は一人になった伸子にこれまで何くれとなく力を貸してくれていました。

 シイシイシイと蝉の鳴く中、汗を拭き拭き家までの急な坂を上り下りする二人。この夏の季節が一番良かった。心の綺麗な人々が織りなすドラマに現実感はやや薄れますが、山田洋次監督の世界が心地良く沁みます。

 一緒に観た友人から「マザコンぶりがキモチワルイ」と言われてしまった浩二ですが、確かに出かける時、母から返事があるまで玄関で「カーサン!カーサン!行って来ます!」と大声を出すのは小学生まででしょう。

 母からも「あんたは男のくせにお喋り」と笑われる浩二ですが、母ではなく息子をお喋りの設定にしたのは、吉永小百合が母親役だからこそでしょう。

 そんな中、母が最後に見せる、幸福になる町子への嫉妬。吉永小百合が顔を醜く歪め感情を爆発させます。スクリーンがグンと近づいた瞬間でした。「母さんは悪か人間よ」という母にじっと寄り添うしかない浩二でした。

 一緒に観た友人に「死を美化している」と指摘されたラストシーンですが、町子に浩二を忘れ幸せになりなさい、と告げた伸子の心身は限界を越えていたのでしょう。もうこれで良かったのだと思えました。

 物語の余韻が悲しく、悲しい気持ちを少しの間引きずる、そんな作品でした。


@新宿ピカデリー


by cuckoo2006 | 2016-02-14 13:39 | 邦画 | Trackback | Comments(0)

如月「目覚まし時計」えてがみどどいつ

d0074962_15422662.jpg
今日の行き先女房が決めて丸首シャツから顔を出す
by cuckoo2006 | 2016-02-11 15:43 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

如月「チューリップ」えてがみどどいつ

d0074962_14432059.jpg
犬も私も厚着の散歩地面に小さな春がある
by cuckoo2006 | 2016-02-07 14:44 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

如月「お守り袋」えてがみどどいつ

d0074962_17162036.jpg
お守り袋を触った指が解答用紙を裏返す
by cuckoo2006 | 2016-02-04 17:17 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)