小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
最新のコメント
saheiziさん 親..
by cuckoo2006 at 11:10
近所の子供が話をしたこと..
by saheizi-inokori at 22:45
登山の後の車中のビールこ..
by cuckoo2006 at 13:41
この歌大好きです。山や海..
by まさ尋 at 10:01
まさ尋さん 旧中山道歩..
by cuckoo2006 at 21:45
突き出しつまんだ呑めない..
by cuckoo2006 at 21:34
飲めない人のことを考えな..
by まさ尋 at 07:49
今山の会で月1回旧中山道..
by まさ尋 at 07:45
saheiziさん 痛..
by cuckoo2006 at 01:19
ほんとに健康なときにはち..
by saheizi-inokori at 20:58
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

卯月「爪切り」えてがみどどいつ

d0074962_18431396.jpg
幼いまんまの名前で呼ばれ叔父さん叔母さんまだ元気
by cuckoo2006 | 2016-04-27 18:44 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

卯月「カンパニュラ」えてがみどどいつ

d0074962_16490808.jpg
妻の一句を書き留めながら芭蕉と旅する曾良になる
by cuckoo2006 | 2016-04-25 16:50 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

卯月「大鍋」えてがみどどいつ

d0074962_17085539.jpg
お役目終わった大鍋だけど今もおんなじ場所に居る
by cuckoo2006 | 2016-04-21 17:10 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

卯月「ガーベラ」えてがみどどいつ

d0074962_18535105.jpg
飾る言葉も繕う顔もなくて並べる肩がある
by cuckoo2006 | 2016-04-19 18:55 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

卯月「財布」えてがみどどいつ

d0074962_16160443.jpg
絵地図広げた下町散歩猫の居場所も描いてある
by cuckoo2006 | 2016-04-14 16:18 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

「出雲大社のお蔭で切れなかったご縁」3分スピーチ

皆さま、こんにちは。
今日は「出雲大社のお蔭で切れなかったご縁」のお話をいたします。

3月に出雲大社へ行って参りました。
山陰地方は日差しが柔らかく空気がしっとりおいしく、島根県が日本一の美肌県ということに納得しました。
 
まずは、参拝前に腹ごしらえです。
出雲大社参道そばの「出雲の国 麺家」というお店で、みそ味のスサノオラーメンを美味しくいただきました。

そして向かった出雲大社。
日本最古の神社建築の様式を持つ出雲大社は、歴史を感じさせる古木が空へ伸び、神秘的な気配が立ち込めていました。
また、縁結びの神様だけあり、若い女性の姿も多く見掛けられました。

念願だった参拝を済ませ、鳥居に一礼をして、甘味処へ向かいます。
ここで、コートを脱いだ私は慌てました。
ラーメンを食べ終わった後、確かに首に巻き直したスカーフが消えているのです。

出雲大社の中で落とした、と確信しました。
夫は「ダウンコートを着ているのだから、スカーフがスルスルと落ちるなんて有り得ない。ラーメン食べた時忘れてきたんだろう」と言います。
しかし、私はその時スカーフを再び首に巻いた確かな記憶があるのです。

すぐに出雲大社へ引き返しました。
その日の午前中、松江城の天守閣まで登った私の足は、もうガクガクだったのですが、お気に入りのスカーフのため、小雨の中を夫よりも早足で進みました。

地面に目をやりながら、歩いた所を二手に分かれ、くまなく回ったのですが、私の色鮮やかなスカーフは影も形もありませんでした。
がっくり肩を落とし、社務所に遺失物届けを出しました。

しかし、ここで、ミステリファンの私はハタと閃いたのです。
参拝前に、出雲大社の大鳥居の前で、夫とケータイで撮り合った写真を確認することを。
その写真を見て、ビックリでした。
出雲大社へ入る前に、私の首元からスカーフは消えているのです。

スカーフを巻き直したというのは私の思い違いでした・・・
そして、この証拠写真に寄り、事件は「出雲の国 麺家」で起こったと推理されます。

すぐに麺家さんに戻ります。しかし、時既に遅し。
閉店時間の4時を15分過ぎていました。
シャッター越しに呼び掛けても返事はありません。
大きな心残りを抱きながら出雲空港へ向かいました。

しかし、出雲大社は私をお見捨てにはなりませんでした。
翌朝、「出雲の国 麺家」さんに東京からお電話すると、
「スカーフですか?ありましたよ!」という明るい声が返ってきました。
お願いした郵送も快く引き受けてくださいました。

翌々日には、出雲大社で足を引きずりながら探し回った私のこのスカーフと再会しました。
すぐに「出雲の国 麺家」さんにお礼状を書きます。
「ご親切にありがとうございました。
出雲の国麺家様と出雲大社のお蔭様で、15年愛用しているスカーフとのご縁が切れずに済みました」
手紙を東京バナナと一緒にお送りしました。

そのまた数日後、「出雲の国 麺家」さんから、
「ご丁寧にありがとうございました。また是非出雲大社へお越しください。その時はこちらへお寄りください」という有り難いお電話をいただきました。

私はすっかり出雲の国の大ファンになりました。
出雲大社のお蔭で、ご縁が切れなかった嬉しいお話しでした。

ありがとうございました。

  ♬♬♬ ♪♪♪ ♫♫♫ ♪♪♪ ♬♬♬ ♪♪♪ ♫♫♫ ♪♪♪ ♬♬♬

-今日のハル-
「ワクワクワク お出掛け大好き! しゅっぱ~つ!!」
押入れからこのバックが出てくると、すかさず飛び込みます。

d0074962_19432698.jpg




by cuckoo2006 | 2016-04-09 20:03 | 3分スピーチ@話し方教室 | Trackback | Comments(0)

卯月「電動歯ブラシ」えてがみどどいつ

d0074962_13400002.jpg

茶の間に小さなルールがあって波風立てずに暮らしてる

by cuckoo2006 | 2016-04-05 13:42 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

卯月「桜餅」えてがみどどいつ

d0074962_20170762.jpg
やさしくされても泣くわけないがツンとしてくる鼻の奥
by cuckoo2006 | 2016-04-01 20:19 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)