小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
最新のコメント
saheiziさん 親..
by cuckoo2006 at 11:10
近所の子供が話をしたこと..
by saheizi-inokori at 22:45
登山の後の車中のビールこ..
by cuckoo2006 at 13:41
この歌大好きです。山や海..
by まさ尋 at 10:01
まさ尋さん 旧中山道歩..
by cuckoo2006 at 21:45
突き出しつまんだ呑めない..
by cuckoo2006 at 21:34
飲めない人のことを考えな..
by まさ尋 at 07:49
今山の会で月1回旧中山道..
by まさ尋 at 07:45
saheiziさん 痛..
by cuckoo2006 at 01:19
ほんとに健康なときにはち..
by saheizi-inokori at 20:58
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2017年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「阿蘭陀西鶴」朝井まかて〔著〕

d0074962_16542251.jpg

内容紹介

江戸前期を代表する作家・井原西鶴。彼の娘おあいは、盲目の身ながら、亡き母の代わりに料理も裁縫もこなす。一方、西鶴は、手前勝手でええ格好しぃで自慢たれ。傍迷惑な父親と思っていたおあいだったが、『好色一代男』の朗読を聴いて、父への想いが変わり始める。小説を読む歓びに満ちた、織田作之助受賞作。

 

 また一人、相性の良い作家と出会えました。「朝井まかて」さんです。


 物語の語り手は、井原西鶴の盲目の娘おあい。若くして亡くなった母に家事の一通りを仕込まれたおあいは父の身の回りの世話に追われていました。


 大阪の俳壇の主流から外れ、思うような評価を得られない西鶴は自ら異端を意味する阿蘭陀西鶴を名乗ります。一晩に数千句を独吟する興業を打つなど派手な自己演出ばかりする西鶴が唯一神経を尖らせる存在が、江戸の松尾芭蕉でした。


 西鶴は今まで誰も読んだことのない物語を書くため、おあいを伴い旅に出ます。この旅で、おあいは、為すことすべてが大仰ではた迷惑と思っていた父の別の面に触れます。父に対するおあいの気持ちが変化していくので読者の西鶴に対する印象も徐々に変わっていきます。やがて後生に残る「好色一代男」が完成します。


 私が深く印象に残ったのは、女中のお玉が、嫁ぐこともなく父の傍らで生きたおあいに別れ際に告げる言葉。「旦那さんは嬢さんを便利に使って酷なことしはるって思うてたけど、今日、そんな捉えようは見当違いいなんて思うた。こないな生きようもあるんやなんて」。この時、お玉とおあいの間を隔てていたものが少しだけ動き風が通ります。世間や自分の尺度で人の生き方を同情したり批判したりするのは独りよがりの的外れ、と教えられます。


 “世之介”のモデルのような親の身代をつぶした若旦那の末路や捨て子だった歌舞伎役者の最期もそれぞれが自分の人生を生きたのでしょう。西鶴の人間を捉える目を感じます。


 おあいが道に迷いしゃがみ込んだ時、幼い頃里子に出された弟の「ねえちゃんじゃないか」の声が聞こえます。「自分のせいで申し訳ない」と何度も弟に詫びるおあい。抑制の効いた性格のおあいの哀しさが募りました。


 巻末の解説に、井原西鶴は日本初のエンタメ作家とあります。盲目の娘がいたのも事実のようです。芭蕉に嫉妬し、近松門左衛門を「律儀なやっちゃ」と感心する西鶴がぐっと身近に感じられた一冊です。


by cuckoo2006 | 2017-02-22 21:08 | 本(日本のもの) | Trackback | Comments(0)

如月「カメラ」えてがみどどいつ

d0074962_14322909.jpg
首から提げてる双眼鏡は何でも見る気のバスツアー

by cuckoo2006 | 2017-02-18 14:34 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

如月「ブックカバー」えてがみどどいつ

d0074962_21040043.jpg
床屋行こうか珈琲飲もか文庫本だけ持って出る

by cuckoo2006 | 2017-02-14 21:05 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

如月「東京ばな奈」えてがみどどいつ

d0074962_17283073.jpg
生まれついての東京人でそこは聞かない触らない

by cuckoo2006 | 2017-02-12 17:29 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

「冷たい」3分スピーチ

皆さま、こんにちは。
今日のテーマは、「冷たい」です。

私が冷たいと思われ、ビックリした話をいたします。

それは大学に入学して間もない頃のことでした。
仲良くなり始めた地方出身のクラスメートに「あなたはホントに東京の子ねえ」と言われました。
また別の友達から「あなたは外見は田舎娘だけど中身は本当に東京の子ねえ」と言われたこともあります。

“東京の子”というのは、決していい意味で言っているのではないと18歳の私もさすがに分かりました。
けれどもその当時、太めで明るくてごくごく平凡な学生だった私の何が“東京の子”かさっぱり解りませんでした。

その友達が、家に遊びに来たことがあります。
母が昼ご飯を作って出してくれました。
すると友達が「あなたのお母さんも東京のお母さんねえ」としみじみ言うのです。
母のことまで冷たいと言われるのは私も納得がいかず「それはどういう意味?」と訊きました。

すると友達は「うちのお母ちゃんだったら私達の間にずーっと座ってお喋りして根掘り葉掘り聞くわ」
というのです。
たまげました。
実際、母は、友達に挨拶して「ごゆっくり」とすぐに引っ込んだのでした。
私の母は大人しくて無口な質ですが、私が高校の友達の家へ遊びに行った時の友達のお母さんの行動と大差ないものに思えました。

相手のごく個人的な事情をあれこれ尋ねるのは失礼、というのが私の中に当たり前のようにインプットされた考えでした。
しかし、西の文化圏で育った夫と結婚し、全く反対の考えに出会いました。
それは、「個人的な事を尋ねないのは失礼、水臭い」というものです。
目からウロコです。

あれこれ聞くのは失礼と言う人種と、あれこれ聞かないのは失礼と思う人種が出会ったのですから大変なことでした。
どんな大変なことがあったかは長くなりますので、またの機会にお話しいたします(笑)

18歳の時、思いもよらず冷たいと思われてしまった私は、きっと今も全く変わっていないでしょう。
年を重ねるごとに母に似てきた私は東京の引っ込み思案のオバサンになり、友達は四国のサバサバしたオバサンになり、元気に暮らしています。

ありがとうございました。


♬♬♬ ♪♪♪ ♫♫♫ ♪♪♪ ♬♬♬ ♪♪♪ ♫♫♫ ♪♪♪ ♬♬♬

今日のハル
「お散歩、大好きさ!シッポが下がってるのは見ないでおくれょ」

d0074962_20271569.jpg

d0074962_20262224.jpg

d0074962_20255004.jpg

d0074962_20263754.jpg

d0074962_20250144.jpg



by cuckoo2006 | 2017-02-11 20:45 | 3分スピーチ@話し方教室 | Trackback | Comments(0)

如月「フライ返し」えてがみどどいつ

d0074962_18263872.jpg
鍋にまな板しゃもじも要るね戻って進んで合羽橋

by cuckoo2006 | 2017-02-06 18:28 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

如月「十姉妹」えてがみどどいつ

d0074962_14115872.jpg
籠の小鳥は菜っ葉をつつく政治も天気も朝の声

by cuckoo2006 | 2017-02-03 14:13 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)