小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...
最新のコメント
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 14:47
ハルちゃんの可愛いお顔を..
by jyon-non at 15:23
わかります、わかります。..
by jyon-non at 15:20
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 18:44
今晩は。そんなことはあり..
by jyon-non at 22:27
jyon-nonさんもフ..
by cuckoo2006 at 18:13
そうそう!懐かしいです。..
by jyon-non at 23:50
はーい、ありがとうござい..
by cuckoo2006 at 14:50
元気出してくださいね。・・
by jyon-non at 17:02
息子に、お母さんボケない..
by cuckoo2006 at 17:43
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
タグ
(49)
(49)
(23)
(10)
(7)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「中庭の出来事」恩田睦〔著〕

中庭の出来事」  

c0186554_17183440.jpg瀟洒なホテルの中庭で、気鋭の脚本家が謎の死を遂げた。容疑は、パーティ会場で発表予定だった『告白』の主演女優候補三人に掛かる。警察は女優三人に脚本家の変死をめぐる一人芝居『告白』を演じさせようとする――という設定の戯曲『中庭の出来事』を執筆中の劇作家がいて・・・・・。虚と実、内と外がめまぐるしく反転する眩惑の迷宮。芝居とミステリが見事に融合した山本周五郎賞受賞作。(文庫本裏表紙より)


 初めての若手作家の本を選ぶ時は、なるべく名の知れた文学賞作品をにするなど“保険”をかけるようにしています。洒落たタイトルに惹かれた恩田陸さんの「中庭の出来事」は、山本周五郎賞受賞作品。ヨシ、これなら大丈夫と分厚い文庫本を手に取りました。

 残念ながら“保険”は効かず激しい消化不良を起こしました。それでハタと思い出したのが、吉田修一の「パレード。これも同じく山本周五郎賞作品でしたが全くついていけませんでした。ウィキペディアで検索してみると、山本周五郎賞は、直木賞と対比して「先見の明の傾向がある賞」として位置づけられているとのことです。ショツクですが仕方ない。この賞とは相性が悪いことを覚えておきましょう。

 さて、「中庭の出来事」ですが、「中庭にて」、「旅人たち」、「中庭の出来事」の三つによって成立し、これらが交互に進んでいきます。まず、「中庭にて」の瀟洒なカフェルームで、二人連れの女性客のうちの一人が突然椅子から崩れ落ちる。「中庭の出来事」はト書きのシナリオ形式で進み、脚本家の毒殺容疑を掛けられた三人の女優達の独白劇となる。「旅人たち」に登場するのは、霧の中をゆく二人の男性。はじめは独立していた「中庭の出来事」の劇中劇に、「中庭にて」と「旅人たち」が次第に取り込まれていく。何度も何度も、同じ場面が人を変えて繰り返され、どこまでが戯曲で、どこからが現実なのか混乱したまま物語は進みます

 結局のところ、現実に殺人は起きなかったということなのでしょうか?殺人の犯人を突き止める劇中劇でさえも二通りの終わり方が示されて幕となります。頭が大混乱しましたが、物語が完結しないまま、理解できない何かが残る方が心に留まるものがあるのは不思議ですね。恩田陸、忘れられない名前になりました。もう一冊読んでこのモヤモヤ感を払拭したいものであります。
by cuckoo2006 | 2009-10-13 12:18 | 本(日本のもの) | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://cuckoo2006.exblog.jp/tb/10334237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2009-10-13 13:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 「幸せはシャンソニア劇場から」... 「南極料理人」監督沖田修一 >>