小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
最新のコメント
良かった~!
by jyon-non at 22:26
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 22:41
旅の思いででしょうか。・..
by jyon-non at 14:16
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 17:21
ああ、胸がいっぱいになっ..
by jyon-non at 17:09
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 22:48
炬燵にのってがいいですね..
by jyon-non at 23:10
まったくです。
by jyon-non at 23:07
きぬえさん 日本ではこ..
by cuckoo2006 at 15:08
詳しいレポ、ありがとうご..
by きぬえ at 21:03
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
タグ
(37)
(16)
(10)
(6)
(5)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「ZOO」1.2乙一〔著〕

ZOO 1,2

c0186554_15284291.jpg c0186554_15292826.jpg何なんだこれは! 天才・乙一のジャンル分け不能の傑作短編集が「1」、「2」に分かれて、ついに文庫化。双子の姉妹なのになぜか姉のヨーコだけが母から虐待され…(「カザリとヨーコ」)、謎の犯人に拉致監禁された姉と弟がとった脱出のための手段とは?(「SEVEN ROOMS」)など、本書「1」には映画化された5編をセレクト。文庫版特別付録として、漫画家・古屋兎丸氏との対談も収録。(文庫本裏表紙より)

 単行本が発売された当時、北上次郎氏による腰帯のコメント、「何なんだこれは。」は、腰帯史に残る名文と言われたとか。私の全編読み終わって一番の感想も、何なんだこれは!でした。乙一が天才と呼ばれる所以に納得しました。

 実は、読み始めてすぐにはそこまでのものとは気づきませんでした。1編目の「カザリとヨーコ」は、中学2年の双子の姉妹。母は、妹のカザリを溺愛し、姉のヨーコを虐待している。残り物しか与えられず、台所の座布団で眠るヨーコ。私は、ハハーンこりゃ、双子の姉妹というのは、自分のことを人間と思い込んでる犬だな、と踏んだのですがハズレでした。ラストは、かなりの刺激的展開となります。

 次の「SEVEN ROOMS」は、一日ごとに「死」に近づいていく小部屋に監禁された姉と弟。私はここでも、姉と弟は、保健所に収容された犬の姉弟に違いない!と推理したのですがこれも大ハズレでした。このように登場人物達が、実は人間ではないのでは?と読者に(私だけか?)思わせるほど彼らは過酷な状況の中にいます。しかし、これはまだ乙一のホラーファンタジーワールドへの前奏。ここから想像を越えた異色な世界が抑制の利いた文章で繰り広げられていきます。

 「冷たい森の白い家」は、静謐な文章で描かれる身も凍る物語。「陽だまりの詩(シ)」は、初めて触れたこんなにも静まった時の流れ。「むかし夕日の公園で」は、自分自身が体験したことに思えた。特に印象深かった3編です。

 全く以て悲惨な状況がコミカルな筆遣いで描かれるお話も含めて、全11編、11色のカラーが楽しめます。“抱き合せ”で入ってるイラナイ話が一つもない。時間が空いた時、1編が30分ほどで読めるので、上質な暇潰しが出来ること請け合いです。
by cuckoo2006 | 2009-11-20 08:05 | 本(日本のもの) | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://cuckoo2006.exblog.jp/tb/10474337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 寝人壱番 at 2009-11-29 10:57 x
寝人です。久しぶりです。

さて、久しぶりの弊近況報告といささかのプログ活動再開のお知らせまで。

目下 「悠々自適、、ならぬ、、悠々不敵」の毎日です。
「悠々素敵」といいたいところですが、ちょっと遠慮しています。
本年は「2月お見事!還暦&4月とりあえず退職」を迎えました。
4月まで勤務しておりましたが(←? 決して小生の希望ではなかったのですが →?)4月15日以降、退職同然」となりまして 久方ぶりにての雇用保険の支給対象となりました。
ちとお古い言いかたでは「毎日が日曜日」なのですが ここしばらくの数ヶ月は「食(職)?」には事欠いておりますが 「飲」にはまあ、何とかかんとかの毎日をやっております、、、決して「淫」ではありません、、。
そろそろ雇用保険支給も失効にてそのうちに何とか・・。
(大きな波が岩に打ちあたって・・continue・・東映撮影所 )
Commented by 寝人参番 at 2009-11-29 11:01 x
(休憩中にポップコーンを食べ過ぎて・・)

某東京都某練馬区某図書館にて連日の出没中、
ここ数日の黄色い落ち葉がすばらしいです。濡れ落ち葉ではありませんでした。

圓生百席やら談志一人会やら数多の落語CDの貸し出し(借り出し・・でした)とPC取り込み中。まもなくあとCD数枚にて完全制覇の予定です。

 小人閑居して不全の日々、またプログを再開せむと欲し 茲に忠良なる爾皆様に恐惶恐惶謹言申し奉る次第。
ご光臨いただければ幸甚。

http://profile.ameba.jp/net13ttkk/

昔のプログもあるでよ・・とはお古いギャグで失礼をば。
http://blogs.yahoo.co.jp/net13ttkk
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Akiko/1066/
Commented by cuckoo2006 at 2009-12-01 20:01
寝人さん、こんにちは。
悠々無敵&ブログ再開おめでとうございます!
赤いベストもお喜び申し上げます。
早速拝見しました。寝人節快調ですね。楽しみが増えました。
落語と言えば、夏に病院帰りにふらりと行った新宿末広亭で、小三治を聴くことができました。昼の部だけで帰る予定だったのですが、見る間に立ち見客が溢れ、二階席まで満員となりました。これを逃したらこんなに良い席(中央3列目カクホ)で小三治を聴く機会は二度と訪れまいとそのまま夜のトリまで粘りました。「枯れオーラ」に酔いしれました。因みに小三治さんも20年ほどリウマチを患われており勝手に親近感を持っています。
さて、今日からもう師走ですね。何かと心急かされますがお体に気をつけてお過ごしくださいませ。
Commented by junko73oz at 2009-12-06 23:02
おひさしぶりです。

う~ん、面白そう!と思い、
夕食の買い物のときに近所の本屋さんで購入。
面白くて、一気に読みました。

暇じゃなかったのに読んでしまったので、
夕食が外ご飯になってしまいました。^^
Commented by cuckoo2006 at 2009-12-08 08:57
「ZOO」、面白くて、ああ良かったです!
私も「伊坂幸太郎」以来のイエそれを上回る衝撃でした。
未体験ゾーンに踏み込む感覚?でした。
これで今年、junkoさんとは「1Q84」と「ZOO」、同じ小説を2冊読んだことに
なり光栄であります♪
<< 「沈まぬ太陽」監督若松節朗 「幸せはシャンソニア劇場から」... >>