小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
最新のコメント
良かった~!
by jyon-non at 22:26
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 22:41
旅の思いででしょうか。・..
by jyon-non at 14:16
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 17:21
ああ、胸がいっぱいになっ..
by jyon-non at 17:09
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 22:48
炬燵にのってがいいですね..
by jyon-non at 23:10
まったくです。
by jyon-non at 23:07
きぬえさん 日本ではこ..
by cuckoo2006 at 15:08
詳しいレポ、ありがとうご..
by きぬえ at 21:03
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
タグ
(37)
(16)
(10)
(6)
(5)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「新参者」東野圭吾[著]

新参者  

a0163466_16142331.jpg内容(「BOOK」データベースより)
日本橋。江戸の匂いも残るこの町の一角で発見された、ひとり暮らしの四十代女性の絞殺死体。「どうして、あんなにいい人が…」周囲がこう声を重ねる彼女の身に何が起きていたのか。着任したばかりの刑事・加賀恭一郎は、事件の謎を解き明かすため、未知の土地を歩き回る。


 
 

 驚きました!東野圭吾、文章が上手くなってます!粗い、浅い、舞台立てが大仰、というのが私の東野作品のイメージだったのですが今回全部が綺麗にひっくり返りました。第1章「煎餅屋の娘」の祖母と孫娘のリズミカルな会話の出だしに、えっ、これ宮部みゆきじゃないよね、東野圭吾だったよね、と一瞬錯覚するほどの滑らかさ。いつも感じる“引っ掛り”がどこにもありません。

 物語の舞台は今も昔ながらの情緒が生きる人形町の商店街。日本橋署に配属されたばかりの若手刑事加賀が、近隣で起こった殺人事件の聞き込みに商店街を歩いて廻る。1章ごとに1件ずつ事件との関連が調べられ人々の暮しや思いがあぶり出されていきます。正直、途中まではあまりに善意の人々のほのぼのとしたエピソードに物足りなさを感じました。が、物語は次第に殺人事件の核心部分に近づき俄然面白くなります。

 周囲の人々の顔も充分に描き込まれているので物語が進むほど現実感が高まります。普通の人々の普通の暮しの中で起こった殺人事件、犯人は誰か、の興味も最後の最後まで引っ張ってくれます。大満足でした。派手な舞台装置も飛び道具も出て来ない東野作品を初めて読みました。

 また、巻末の初出一覧を見ると9章からなるこの物語は、それぞれ1章ごとのタイトルで「小説現代」に5年に渡って掲載されたものとあります。これにも驚きました。第1章を書いた時点ではこのような長編小説になるとは著者も考えていなかったようです。帯に「こんなことが出来ればと思った。でも出来るとは思わなかった」とあります。1章ずつを生かしながら見事に纏め上げた力を感じました。歌舞伎座へ向かう時、日比谷線で小伝馬町、人形町、茅場町と過ぎると、この本の登場人物達の顔がよぎりました。「このミステリーがすごい!2010年版」、「週刊文春ミステリー」ともに第1位の作品です。
by cuckoo2006 | 2010-04-27 18:02 | 本(日本のもの) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cuckoo2006.exblog.jp/tb/11018946
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「1Q84」BOOK3 村上春... 「シャーロック・ホームズ」監督... >>