小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
最新のコメント
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 17:43
お~、素晴らしい。兄嫁様..
by jyon-non at 12:33
ウフフ、なるほど、なるほ..
by jyon-non at 22:17
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 23:37
はぁ、凄いですねぇ・一緒..
by jyon-non at 12:53
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 21:38
梅雨明けしましたか~。い..
by jyon-non at 12:36
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 15:19
露地植えの胡瓜、いいです..
by jyon-non at 23:23
ネットから画像を見つけて..
by cuckoo2006 at 14:54
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「パーマネント野ばら」監督吉田大八

パーマネント野ばら」  

a0163466_14261061.jpgストーリー
「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」「クヒオ大佐」の吉田大八監督が、西原理恵子のコミックを映画化した恋愛ドラマ。離婚の末に一人娘を連れて故郷に出戻ったなおこと、なおこの母・まさ子の2人で営む海辺の町の美容室「パーマネント野ばら」に集まる女性たちの悲喜こもごもの恋愛模様が描かれる。主演は北野武監督作「Dolls(ドールズ)」以来、8年ぶりとなる菅野美穂。共演に江口洋介、夏木マリ、小池栄子、池脇千鶴ほか。
キャスト
菅野美穂、江口洋介、小池栄子、池脇千鶴、宇崎竜童、夏木マリ (eiga.comより)





 

 ズバリ、私好みの映画でした!
離婚した後、保育園児の娘を連れ生まれ育った高知へ戻ったなおこ(菅野美穂)。母(夏木マリ)が経営する美容室「パーマネント野ばら」で働く穏やかな毎日を送っています。と言いたいところですが、なおこの周りは揃いも揃って超個性的な人々ばかり。母は愛人の元に走った何度目かの夫(宇崎竜童)にカリカリしっ放し、幼なじみのみっちゃん(小池栄子)とともちゃん(池脇千鶴)も選ぶ男は不実なダメ男ばかり。そして色恋に全く枯れない美容室常連のパンチパーマのオバサン連・・・

 そんな彼等にいつも優しく微笑んでいるなおこでしたが、密かに交際する高校の化学教師(江口洋介)には「この町も、この町の人もみんな嫌い・・・」と嘆きます。切ない思いをした少女時代の回想シーンも挟まれ、彼女の繊細さ、芯の強さが浮かび上がります。菅野美穂のなおこのナチュラルな透明感にうっとりしました。

 終盤は、不意打ちを食らったような衝撃の展開となります。背中全体に走った電気が数秒間治まりませんでした。唯一まともに見えた、なおここそが実は周囲の人々に暖かく見守られていたのでした。ラストシーン、砂浜で娘に振り向くなおこの笑顔に、未来への希望と安心感を感じました。そして、人はどんなにヘンテコリンでもいいのだ、とやさしく愉しい気持になりました。原作者西原理恵子さんの世界観に触れた思いです。

 さて、今年ももう後半。上半期マイベスト3は、ゴールデンスランバープレシャスそして頭一つ抜け出してこの「パーマネント野ばら」です。


@シネ・セゾン渋谷
by cuckoo2006 | 2010-07-11 13:33 | 邦画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://cuckoo2006.exblog.jp/tb/11516502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by のぼる at 2010-07-18 18:09 x
忘れてしまえば好きだけ残る風が素肌を吹き抜ける

西原マンガ大好きなので、気に入っていただけたようで嬉しいです(笑)

>唯一まともに見えた、なおここそが実は周囲の人々に暖かく見守られていたのでした。

そう言えばそうですね。なおこの存在って、西原マンガの人間に対するまなざしそのものだったのですね。原作は、西原にしては構成がごちゃついてたり、得意の自然描写を生かしきれていなかったりするので、映画でどうなってるのか気になってたのですが(もちろん、下品な台詞の数々も)、ぼんやりしている間に終了してました(T_T)レヴューありがとうございました。
Commented by cuckoo2006 at 2010-07-19 16:50
サイバラさんと言う読み方も大分定着してきましたね。映画を観た後、「ヤリイカちと批評」の一番上の西原マンガの記事を再読に伺いましたよ。
海沿いの町を囲む自然を背景とした映像は効果的でしたし、パンチパーマ連が担当したお下品なセリフの連呼も愉快でした。
なおこの目を通して物語を見ていましたが、最後の展開に「主観の狂い」が我が身に重なり合い、これは恐怖でした(笑)でも結局、周りもみんなおかしいのだから自分も少々おかしくても一向に構わん、というのがこの映画の感想となりました。西原さん、これからもチェックしていきます♪  
のぼるさん、どうぞ良い夏をお過ごしください。
<< 「静子の日常」 井上荒野[著] 「真鶴」 川上弘美[著] >>