小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
最新のコメント
良かった~!
by jyon-non at 22:26
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 22:41
旅の思いででしょうか。・..
by jyon-non at 14:16
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 17:21
ああ、胸がいっぱいになっ..
by jyon-non at 17:09
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 22:48
炬燵にのってがいいですね..
by jyon-non at 23:10
まったくです。
by jyon-non at 23:07
きぬえさん 日本ではこ..
by cuckoo2006 at 15:08
詳しいレポ、ありがとうご..
by きぬえ at 21:03
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
タグ
(37)
(16)
(10)
(6)
(5)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「静子の日常」 井上荒野[著]

静子の日常」  

a0163466_1994344.jpg
何かが過剰で、何かが足りないこの世の中、今日も出くわす“ばかげた”事象を宇陀川静子・七十五歳は見過ごさない―チャーミングで痛快! 直木賞作家の最新長篇小説。(帯より)


 

 さらっと二晩で読了。お薦め本です。
宇陀川静子・75歳は、夫と死別し、息子一家と郊外で同居を始めたばかり。おっとりして、さっぱりして、よけいなことを言わず、通い始めたフィットネスクラブでは、すみれ色の水着の似合うおばあさん、と愛されています。

 駅までは遠いが、バス停までは5分で、そこに来るバスに乗れば行きたいところにはどこにだって行けることに新鮮な驚きを感じる静子さん。「もうどこへでも行ける生きものに生まれ変わった」静子さんが日々出会う小さな発見と興奮、そして違和感が軽やかなタッチで描かれます。

 家庭でもフィットネスクラブでもちょっとした事件が起こるのですが、静子さんの相手との距離感、身の処し方が参考になりました。そして静子さんの呟きのような信条も心に残ります。決めたことは貫く、後悔はしない、正直であること、自由であるためには、心強くあらねばならない、などなど。苦労知らずの奥様に見える静子さんですが、胸の内にある過去の怒り恨みを「暴れる猿」に例えてみます。静子さん自身に悲しいことも起きますが、水の中で涙を流した後、往復50mを泳ぎ切って立ち上がります。
 若くはないけれど新しい歌を知ることはまだできる、と信じる静子さんは、近い将来の私の理想モデルの一人になりました。
by cuckoo2006 | 2010-07-25 21:42 | 本(日本のもの) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cuckoo2006.exblog.jp/tb/11619302
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「踊る大捜査線 THE MOV... 「パーマネント野ばら」監督吉田大八 >>