小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
最新のコメント
良かった~!
by jyon-non at 22:26
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 22:41
旅の思いででしょうか。・..
by jyon-non at 14:16
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 17:21
ああ、胸がいっぱいになっ..
by jyon-non at 17:09
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 22:48
炬燵にのってがいいですね..
by jyon-non at 23:10
まったくです。
by jyon-non at 23:07
きぬえさん 日本ではこ..
by cuckoo2006 at 15:08
詳しいレポ、ありがとうご..
by きぬえ at 21:03
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
タグ
(37)
(16)
(10)
(6)
(5)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「ザ・ファイター」 監督デビット・O・ラッセル

a0163466_1450829.jpgストーリー
「スリー・キングス」のデビッド・O・ラッセル監督が、マーク・ウォールバーグとクリスチャン・ベールを主演に迎え、名ボクサー、ミッキー・ウォードと彼の異父兄ディッキー・エクランドの絆を描いた実録ドラマ。1980年代のマサチューセッツ州ローウェル。米ボクシング界のスター、シュガー・レイ・レナードと拳を交わしたことのあるディッキー(ベール)は街の英雄だったが、戦いに敗れたことから麻薬に手を染め、投獄される。そんな兄の陰でミッキー(ウォールバーグ)は早くからアマチュアボクサーとして実績を積み、頭角を現すが……。クリスチャン・ベールとメリッサ・レオが第83回米アカデミー賞で助演男優賞、助演女優賞を受賞した。
キャスト
マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、メリッサ・レオ(eiga.comより)


 イキのいい、ノリのいい映画。実話を基にしたストーリーです。エンドロールで、モデルとなった実在のボクサー兄弟・ディッキーとミッキーが登場しますが、特に兄のディッキーは喋り方も風体もクリスチャン・ベールの演じた役そのまま。ベールと同じくオスカー助演賞を受賞したモンスターマザー役のメリッサ・レオも、マサチューセッツ州ローウェルの埃臭い路地も酒場もボクシングジムも、リアルな雰囲気がひしひし伝わってくる映像です。
 
 ディッキーは、かつて才能あるボクサーとして街の英雄だったが、今ではクスリに溺れる怠惰な毎日。そのディッキーに異父兄弟のミッキーは、ボクシングのすべてを教わってきた。父親の気質の違いからか、ミッキーは兄と正反対の誠実で努力家な青年。しかし、専属トレーナーの兄とマネージャーを務める母親アリスに金のため不利な試合を強いられ、ボクサーとして不遇の日々を送っていた。そんな時、ミッキーは酒場で働くシャリーンと恋に落ち、ボクサーとして成功するために家族と距離を置くことを決意する・・・・

 「あなたのためよッ」、と息子を食い物にする母親、そしてゴロゴロいる(働いているようには見えない)異父姉妹達は、この映画の強烈な存在です。そんな母アリスも女としての魅力はありそうで、二人の息子達にもどうやら愛されている様子。癪に障るが現実感があります。一方シャリーンは、そんな一族にも全く負けてない。ミッキーをそそのかすな、とシャリーンの家に乗り込んで来た母と姉達にパンチをお見舞いする場面には胸がスーッとしました。

 新チームのもと、着々と勝利を収めていくミッキーは、遂に世界タイトルマッチの挑戦権を手にします。ディッキーは当然のようにまた弟のセコンドを買って出るのですが・・・・

 それにしても「勝利」の力って凄いものです。一瞬にしてすべてのマイナスをプラスに転じ、自分は勿論、周りの人間の人生も塗り変える。いがみ合う人達の心さえ一つにしてしまう。勝負師にとって、「勝つ」ということはこういうことなのだと実感します。駅までの道、気がつくと拳がボクシングのグーになってました。ゴールデンウィーク一押し作品です!


@池袋東急


★次回は、宮尾登美子の「きのね」です。
by cuckoo2006 | 2011-04-29 13:52 | 洋画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cuckoo2006.exblog.jp/tb/13479190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「イリュージョニスト」 監督シ... 「月と蟹」 道尾秀介[著] >>