小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
最新のコメント
良かった~!
by jyon-non at 22:26
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 22:41
旅の思いででしょうか。・..
by jyon-non at 14:16
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 17:21
ああ、胸がいっぱいになっ..
by jyon-non at 17:09
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 22:48
炬燵にのってがいいですね..
by jyon-non at 23:10
まったくです。
by jyon-non at 23:07
きぬえさん 日本ではこ..
by cuckoo2006 at 15:08
詳しいレポ、ありがとうご..
by きぬえ at 21:03
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
タグ
(37)
(16)
(10)
(6)
(5)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「ツリー・オブ・ライフ」 監督テレンス・マリック

a0163466_23514344.jpg「天国の日々」「シン・レッド・ライン」のテレンス・マリック監督が、ブラッド・ピット、ショーン・ペンを主演に描くファンタジードラマ。1950年代半ば、オブライエン夫妻は中央テキサスの田舎町で幸せな結婚生活を送っていた。しかし夫婦の長男ジャックは、信仰にあつく男が成功するためには「力」が必要だと説く厳格な父と、子どもたちに深い愛情を注ぐ優しい母との間で葛藤(かっとう)する日々を送っていた。やがて大人になって成功したジャックは、自分の人生や生き方の根源となった少年時代に思いをはせる……。製作も務めたピットが厳格な父親に扮し、成長したジャックをペンが演じる。第64回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した。
キャスト
ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン。(eiga.comより)


 
 この物語は、どうしてこんな大仰なことになってしまったのでしょうか?

 話の筋は普遍的なものです。ブラッド・ピット扮する父親は、成功するためには善人であってはならない、ひたすら強くあれ、と三人の息子達に非情なほど厳しく接します。が、期待通りにならない息子達に、また思い通りに行かない自分自身の人生に失望し、苛立ちを感じています。一番風当りを受けるのは長男で、その長男の怒り不安は、すぐ下の弟に向けられる。優しい次男は、長男の胸の内を幼いなりに理解し、兄の仕打ちに耐えているように見えます。三兄弟の母親(ジェシカ・チャステイン)は、信仰心厚く愛情深く、神話の世界に生きているように感じました。

 物語は、19歳になった次男の死の知らせを両親が受け取る場面から始まります。この弟の死がショーン・ペン演じる中年になった長男の心の苦しみに繋がっているように思えました。そして物語が動き出すとすぐに、スクリーンは原始の時代の宇宙や地球や海底の映像に変わります。これがもう延々と続いた。面食らわなかった観客はいないでしょう。

 宇宙の誕生、生命の神秘をこれでもかと言うほど見せられた後、画面は先ほどの家族へ戻ります。父親が子供達に喧嘩の仕方を教えたり、一緒に木を植えたり、水遊びしたり、美しい映像と音楽に、長男の記憶の引き出しが開くように場面は展開していく。画面は静けさに包まれています。でも次の瞬間に誰か叫び出すような予感のする静けさです。胸がざわざわしました。

 ラスト・シーンは、現在の長男とその妻、そして少年時代の三兄弟、若き日の両親、皆が皆、安堵の表情を浮かべ、神に導かれるかのように手を携えて歩みます。宇宙の映像に慣らされた後なので、もうどんなシーンにも違和感を感じません。この作品は監督自身の自伝的ストーリーで、彼の傷ついた魂を救済するために撮られたのでは、という気がしてきました。消化するのにまだまだ時間がかかりそうです。


@TOHOシネマズ西新井
by cuckoo2006 | 2011-08-28 00:19 | 洋画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cuckoo2006.exblog.jp/tb/14437633
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「うさぎドロップ」 監督SABU 「沼地の記憶」 トマス・クック[著] >>