小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...
最新のコメント
明るくお元気そうなお母様..
by cuckoo2006 at 13:40
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 13:29
無くなったお母様を偲んで..
by jyon-non at 17:48
わぁ、お母様も機械で..
by jyon-non at 17:43
温泉に浸かった後の宿の朝..
by cuckoo2006 at 17:02
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 16:59
素敵。休日の光景でしょうか。
by jyon-non at 21:15
今晩は。なんだか幸せそう..
by jyon-non at 21:14
今年はお正月が2回来たよ..
by cuckoo2006 at 15:29
こんばんは、平成の世もも..
by jyon-non at 22:22
最新のトラックバック
ハミルトン カーキ フィ..
from ブライトリング ラバーベルト..
naruzu3.Exbl..
from タンク ルイ カルティエ エ..
カルティエ メンズ 財布
from ブライトリング コピー 0表示
https://shim..
from パネライ ルミノール コンポ..
https://mkof..
from ゼニス羽田 評価
ブルガリ 結婚指輪 4°c
from ロレックス オーバーホール ..
ゼニス エリート 評価 ..
from シャネル時計 ベルト調整 方法
カルティエ 指輪 love
from カルティエ 結婚指輪 バレリ..
ゼニス エルプリメロ パ..
from ブライトリング 人気 ランキ..
腕時計 ブライトリング ..
from ロレックス エクスプローラー..
ブックマーク  (五十音順)
タグ
(72)
(50)
(42)
(11)
(7)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「探偵はBARにいる」 監督橋本一



d0074962_14524124.jpg

ストーリー:作家・東直己のデビュー作「探偵はバーにいる」を1作目とする「ススキノ探偵シリーズ」の第2作「バーにかかってきた電話」を映画化。札幌の歓楽街ススキノで活躍する探偵のもとに、コンドウキョウコと名乗るナゾの女から「ある男に会い、彼にひとつ質問してほしい」という依頼が舞い込む。簡単な依頼のはずが、探偵はその直後に命を狙われ、不可解な事件に巻き込まれていく。主人公の探偵に大泉洋、相棒に松田龍平。そのほか小雪、西田敏行らが共演。  キャスト:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、マギー、榊英雄、本宮泰風、安藤玉恵、新谷真弓、街田しおん、桝田徳寿、野村周平、カルメン・マキ、中村育二、阿知波悟美、田口トモロヲ、波岡一喜、有薗芳記、竹下景子、石橋蓮司、松重豊、高嶋政伸(映画.comより)

 フィリップ・マーロウを引きずって観ましたが、大泉マーロウもなかなか良い感じ。雰囲気のある映画でした。好みです。

 舞台は、札幌ススキノ。ケータイを持たない探偵(劇中での名前はナシ・大泉洋)は、名刺に根城にしているバーの電話番号を印刷しています。小雪のちらつく歓楽街の裏通りは日本じゃないようなちょっとした異空間。その一角にある小さなバーの電話から、探偵に一本の仕事の依頼が入ります・・・・
 
 探偵とアルバイト助手(松田龍平)が毎夜トントンと階段を下りていくこの地下バーが、国籍・時代共に不詳のいいムード。カウンターの探偵の前に、バーテンダーが優雅な所作で時代がかった黒電話を差し出します。それから、毎朝探偵がナポリタンを食べる喫茶店や、助手のいる農学部研究室、そして謎めいたマダム(小雪)が経営する高級クラブなど、どこか懐かしいような洒落た雰囲気が楽しめます。

 筋立てもいい具合に入り組み、私も探偵と一緒にすっかり騙されました。ほー、そう来たか、という結末です。ラストシーンは、クラーク博士が空へ右手を掲げる羊ヶ丘展望台。冬は、向こうに見える札幌ドームから一面の雪景色になるのですね。新緑の頃、銅像の前で写真を取って、ここから北大のポプラ並木に向かったことを思い出しました。北海道が舞台というのがこの映画の大きな魅力でしょう。

 それにしても、めちゃくちゃに痛めつけられるところ、依頼人を守り切る美学、そして小道具としての酒など、やっぱり、ハードボイルドの教科書はフィリップ・マーロウなんだなぁと、ちょっと嬉しくなりました。


@TOHOシネマズ西新井


★次回は、ピーター・キャメロンの「最終目的地」です。

by cuckoo2006 | 2011-09-28 17:32 | 邦画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://cuckoo2006.exblog.jp/tb/14651597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by きぬえ at 2011-09-29 20:00 x
フィリップ・マーロウ、わたしも大ファンです!、ヽ(^o^)丿
この映画、、ラジオでだれかが、絶賛してました♪、
主役の大泉洋が、すご~く良かったと、、、(^-^)
Commented by cuckoo2006 at 2011-10-02 00:50
またまた30年以上前のドラマですが、ショーケンの「傷だらけの天使」の雰囲気をちょっと思い出しました。
大泉洋はようやくはまり役に巡り合えました。
マーロウはトレンチコートですが、大泉洋はレザーコートでしたよ♪
<< 「最終目的地」 ピーター・キャ... 「ロング・グッドバイ」レイモン... >>