小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
最新のコメント
ありがとうございまーす。..
by cuckoo2006 at 21:11
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 21:09
私の一押しワンちゃんは、..
by jyon-non at 20:48
エ~ッ、そうですか~。最..
by jyon-non at 20:47
あら~、素敵。胸キュンで..
by jyon-non at 20:45
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 17:19
わぁ、やっぱりパパママが..
by jyon-non at 16:10
今日は。なかなかミステリ..
by jyon-non at 16:08
いつもありがとうございま..
by cuckoo2006 at 14:31
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 14:24
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「漂流劇 ひょっこりひょうたん島」演出串田和美


d0074962_21010913.jpg

1964年から69年の5年間、NHK人形劇シリーズとして放送され、超個性的な登場人物たちが繰り広げる奇想天外、豪快で壮大な物語と、誰もが口ずさめるテーマソングや独特のユーモアで、子供から大人まで、日本中のお茶の間を魅了した「ひょっこりひょうたん島」(井上ひさし・山元護久原作)が、Bunkamuraとこまつ座の手により、全く新しい舞台作品として誕生することとなりました。(Bunkamura HPより)

出演
井上芳雄(マシンガン・ダンディ)、安蘭けい(サンデー先生)、山下リオ(博士)、小松和重(テケ)、山田真歩(プリン)、一色洋平(海賊)、久保田磨希(チャッピ)、内田紳一郎(ダンプ)、真那胡敬二(海賊)、大森博史(海賊)、中村まこと(海賊)、串田和美(?)、小松政夫(トラヒゲ)、白石加代子(ドン・ガバチョ)

スタッフ
脚本:宮沢章夫・山本健介
演出・美術:串田和美
音楽:宇野誠一郎・宮川彬良

 登場人物達が舞台の四方から泳ぐように飛ぶように姿を現します。
浮遊感いっぱいに物語は幕を開けます。

 敢えて現実を離れ、脈絡があるようにないように場面は展開していきます。すぐに置いてきぼりの心境になりました。

 この話はいったい何を言おうとしているのか?
そもそも「ひょっこりひょうたん島」ってどんな話だっけ?
何でもいいから、早くあの主題歌を聞かせてくれー!!

 それでも、生演奏にコミカルなダンスも歌もテンポよく、舞台はシーンごとに大きくトーンを変えながら進んで行きます。こちらもだんだんムードに馴染んでいきました。

 そして苦労は報われ最後には私も何かを受け取ることができました。

 「ひょうたん島」に隠されていた宝物、それは愛だったーー仲間達だったーー
 ずるい大人たちもその昔には瑞々しい心で日々を生きていたーー
 とにかく生きていこうーー
 今日がダメなら明日やろうー明日もダメなら、しあさってに!
 あさっては休もうー

この明後日は休む、というところが一番気に入りました。

 主題歌を全員で歌うラストシーンは会場が手拍子に包まれます。主題歌がさらりと披露されたことも、中高年が一杯の客席の手拍子が微妙に合わないところも暖かな雰囲気でした。

 井上芳雄演じるマシンガン・ダンディ、安蘭けい演じるサンデー先生等の大人達と、久保田磨希らが演じる子供達。体の大きさに関係なく大人と子供の色分けをはっきり見せます。子供も大人も魅力的でした。

 ところで「ひょっこりひょうたん島」で私の頭にまず浮かぶのは、人形劇で中山千夏が声を担当していた「博士」。この博士役の山下リオが博士のイメージを裏切らなかったこと。これが舞台の一つの成功の鍵でした。藤村有弘が声を務めた「ドンガバチョ」役の白石加代子も適役に思えました。

 最後に何かを受け取れて良かった。だけど長かった。そんな舞台でした。


@シアターコクーン

~~~~~~~~~~~~~~

今年も「気ままな読書ノート、絵手紙with都々逸と」をご覧くださりありがとうございました。

来年はブログ開設から早10年。いつの日にか電池が切れるまで細々続けていきたいと思っています。

2016年もどうぞよろしく!

皆さま、良いお年をー


by cuckoo2006 | 2015-12-31 21:28 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cuckoo2006.exblog.jp/tb/22724831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「干支」3分スピーチ 師走「達磨」えてがみどどいつ >>