小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...
最新のコメント
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 15:38
そうですよねぇ。何も知ら..
by jyon-non at 09:52
同感でーす。お正月に初め..
by cuckoo2006 at 23:19
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 23:10
ああ、何て切ない歌でしょ..
by jyon-non at 18:06
分かります、わかります。..
by jyon-non at 17:57
常連の"ヤマちゃん”がい..
by cuckoo2006 at 21:11
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 20:59
ジョッキも乾杯しようと言..
by jyon-non at 09:42
なるほど~。自分達だけに..
by jyon-non at 09:40
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
タグ
(57)
(49)
(30)
(10)
(7)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「さざなみ」監督アンドリュー・ヘイ

d0074962_15511608.jpg
「解説」長年連れ添った夫婦の関係が1通の手紙によって揺らいでいく様子を通し、男女の結婚観や恋愛観の決定的な違いを浮かび上がらせていく人間ドラマ。結婚45周年を祝うパーティを土曜日に控え、準備に追われていた熟年夫婦ジェフとケイト。ところがその週の月曜日、彼らのもとに1通の手紙が届く。それは、50年前に氷山で行方不明になったジェフの元恋人の遺体が発見されたというものだった。その時からジェフは過去の恋愛の記憶を反芻するようになり、妻は存在しない女への嫉妬心や夫への不信感を募らせていく。「スイミング・プール」のシャーロット・ランプリングと「カルテット!人生のオペラハウス」のトム・コートネイが夫婦の心の機微を繊細に演じ、第65回ベルリン国際映画祭で主演男優賞と主演女優賞をそろって受賞した。(eiga.comより)


 一言では感想が言い表せない映画でした。

 土曜日に結婚45周年パーティを控えた夫婦のもとに、月曜の朝、
夫が、妻と出会う前に付き合っていた恋人が事故で落下した氷山の中、当時の姿のまま発見されたという知らせが入ります。

 心身ともに眠り込んだように暮らしていた夫の心は大きく揺れ出します。病後の夫に寄り添うように過ごしていた妻の心にもさざなみが立ち始めます。

「My〇〇(恋人の名)」と言ってしまったこと。
「もし事故がなかったら彼女と結婚した?」という妻の二度の問いかけに二度とも
「YES!」と答えてしまったこと。
デリカシーに欠けた夫の致命的なミスに妻の心のさざなみは大きく広がります。

 美しさの面影を残しながらも、鏡には夫と出会ってから半世紀を刻んだ自分自身が映ります。そこへ氷の中で眠った20代のままの夫の恋人が登場する。あまりに良くできた残酷過ぎる設定です。

 心に空洞を抱えたまま生きている夫の目の前に、輝いていた過去が現れる。夫の心は一気に恋人の眠るスイスの氷山へと飛んで行ってしまいます。

 そして、迎える結婚45周年パーティ。夫の感動的なスピーチの後、夫婦は結婚式の時と同じ曲でダンスをします。ラストシーンの妻は・・・あれこそ現実でしょう。

 一緒に観た性格が男前の友人は、スイスになどいくらでも行かせてやれば良い、という意見。私は全く不本意ながら、妻の言動のすべてに共感してしまいました。

 老後はそれでなくても病気など苦労の種があるのだから、出来得る限り夫婦間に無用な波風を立ててはならない。墓場まで持っていく言葉を口にしてはならない。それが最低限にして最大限の相手への愛である、というのが一番の感想になりました。

@銀座シネスイッチ

by cuckoo2006 | 2016-05-21 13:17 | 洋画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cuckoo2006.exblog.jp/tb/23160688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 皐月「ノート」えてがみどどいつ 「家族」3分スピーチ >>