小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
最新のコメント
コスモス、なぜか郷愁を感..
by jyon-non at 23:01
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 13:46
コスモスのピンク色が優し..
by jyon-non at 16:44
今晩は。奥が深い一首で、..
by jyon-non at 22:09
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 23:35
お母さまのお庭に咲く優し..
by jyon-non at 21:11
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 21:18
今日は。百合の花の色彩が..
by jyon-non at 16:57
今晩は。そうでしたか。北..
by jyon-non at 22:50
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 16:06
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
タグ
(27)
(9)
(9)
(6)
(5)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


劇団でん組「家族の神話」作・演出 富田求


d0074962_15094325.jpg
さらば愛しき娘よ!
家族の絆とは何か、生きる力とは何かを問う問題作!

四歳の娘が死んだ!
事故なのか、それとも殺人なのか!
母親からの『虐待』を、かろうじて生き延びた兄妹が、直面した新たな悲劇!
頑なに、妻が娘を殺したと信じる兄が、妻を追い詰めようとする。
兄の異常な行動に、不安と恐れを感じ始め、
心の傷と闘いながら、虐待の連鎖に苦しむ妹。
そして、兄の頑なさが、妹の日常生活を侵食し、家族が崩壊していく・・・

二転三転しながらも事件の真相に迫っていく母と娘。
次第に、明らかにされていく驚愕の真実!
過酷な運命を生きる兄妹の未来に、『希望の光』はあるのか!

なぜ、母はわが子を虐待するのか。
毎年、児童相談所に通告される虐待の件数は、急増し続けている・・・
私たちは、『孤独』という暗黒の荒野を、
なすすべもなく彷徨っている子ども達の悲劇から目を離してはならない。

この物語は、母親からの残酷な虐待から、かろうじて生き延びた兄妹が、
新たな悲劇と闘い、生きるとは何か、家族の絆とは何か、を自らに問いながら、
未来を見つめていく物語です。

出演 百花亜希 吉田智則 金松彩夏 イチキ游子 ビーグル大塚 三田村周三
(劇団でん組HPより)

 


 虐待により心に深い傷を負った人々の物語。
心の奥深く潜む傷は周囲からは見えず、大人になった兄妹はそれぞれの生活を営んでいます。

 兄の4歳になる娘が浴槽の事故で亡くなり、妻が娘を殺したと頑なに信じる兄を、家族も警察も狂っていると決めつけます。そんな中で唯一人伯父を信じる妹の娘。娘の強い気持に動かされ、妹も兄のために独自に調べ始めます。

 六人の役者達の力強い台詞に、暗く重いテーマがテンポ良く展開します。小劇場に緊張感が張り詰めました。

 4歳の娘の死は本当に事故だったのか?
 兄妹の母の死の真相は?

そして遂に明らかにされる驚愕の真実。

 終盤には思ってもみなかった事実が明かされます。二度ほど大きく上半身に電気が走りました。
過去を忘れたように現実社会を生きる一見普通の人々の心の闇の深さ。苦しくとも踏み出した一歩は明日へ繋がっているのでしょう。自分を犠牲にして妹を専門職に就かせた兄の心情も伝わりました。

 残酷なシーンは一つもなく、ミステリー要素一杯に練り上げられた台詞劇です。最後まで引き込まれました。題材が暗いため一緒に行こうと誘った二名(友人、夫)にフラれましたが、一人で観に行って良かったです。
 


「中野ザ・ポケット」で、4/2(日)まで公演中



by cuckoo2006 | 2017-03-29 20:31 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cuckoo2006.exblog.jp/tb/24030771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 卯月「財布」えてがみどどいつ 弥生「ミルク入れ」えてがみどどいつ >>