小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
最新のコメント
コスモス、なぜか郷愁を感..
by jyon-non at 23:01
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 13:46
コスモスのピンク色が優し..
by jyon-non at 16:44
今晩は。奥が深い一首で、..
by jyon-non at 22:09
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 23:35
お母さまのお庭に咲く優し..
by jyon-non at 21:11
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 21:18
今日は。百合の花の色彩が..
by jyon-non at 16:57
今晩は。そうでしたか。北..
by jyon-non at 22:50
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 16:06
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
タグ
(27)
(9)
(9)
(6)
(5)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「ラ・ラ・ランド」監督デイミアン・チャゼル


d0074962_16555461.jpg

解説

「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監督が、ライアン・ゴズリング&エマ・ストーン主演で描いたミュージカル映画。売れない女優とジャズピアニストの恋を、往年の名作ミュージカル映画を彷彿させるゴージャスでロマンチックな歌とダンスで描く。オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする。そして後日、ミアは、あるパーティ会場のプールサイドで不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャンと再会。初めての会話でぶつかりあう2人だったが、互いの才能と夢に惹かれ合ううちに恋に落ちていく。「セッション」でアカデミー助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズも出演。第73回ベネチア国際映画祭でエマ・ストーンが最優秀女優賞、第74回ゴールデングローブ賞では作品賞(ミュージカル/コメディ部門)ほか同賞の映画部門で史上最多の7部門を制した。第89回アカデミー賞では史上最多タイとなる14ノミネートを受け、チェゼル監督が史上最年少で監督賞を受賞したほか、エマ・ストーンの主演女優賞など計6部門でオスカー像を獲得した。(eiga.comより)






 アカデミー賞授賞式で間違えられたことでも話題になった作品。
ミュージカル映画は苦手だし、あまり期待しないで観に行ったのですが、これがとても良かった!

 渋滞中のハイウェイで、車から次々に飛び出し歌い踊るファーストシーンに圧倒されました。“只者”ではない雰囲気が漂ってきます。

 ハリウッド女優を目指すミア(エマ・ストーン)はオーディションにさっぱり受からず、撮影所近くのカフェで働く毎日。ミアの高い演技力が一向に評価されないオーディションシーンから厳しい現実が伝わってきます。同じ夢を追うルームメイト三人とチャンスを求めパーティに繰り出すミア。音楽に乗って、若く白い肌にショッキングブルーのドレスが翻ります。

 ミアの無造作な髪と素肌感が若さを引き立て、夢を追い求める情熱が伝わってきます。若い時代特有の苦しさ切なさを思い出させてくれます。ジャズピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と愛するがゆえに行き違うのも現実感ある展開でした。

 唐突に台詞を歌い出すような違和感は一つもなく、ミアとセバスチャンがお互いの魅力を引き立て合うように踊るシーンに心地良く酔えました。過去のミュージカルシーンをオマージュする振り付けは残念ながら私にはほとんど分りませんでした。それでも最後に、ゴッホの中で私の一番好きな絵「夜のカフェテラス」に二人が入り込むシーンには興奮しました。

 それから五年後、、、再会した二人の出逢いの場面から別の人生が繰り広げられていきます。過去を変えることはできない。人生をやり直すことはできない。互いの幸せを願いながら瞳の中で頷き合うラストシーンに切なさが込み上げます。余韻がありました。


@TOHOシネマズ西新井

by cuckoo2006 | 2017-04-26 14:26 | 洋画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cuckoo2006.exblog.jp/tb/24123696
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 卯月「鯛」えてがみどどいつ 卯月「空豆」えてがみどどいつ >>