小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...
最新のコメント
明るくお元気そうなお母様..
by cuckoo2006 at 13:40
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 13:29
無くなったお母様を偲んで..
by jyon-non at 17:48
わぁ、お母様も機械で..
by jyon-non at 17:43
温泉に浸かった後の宿の朝..
by cuckoo2006 at 17:02
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 16:59
素敵。休日の光景でしょうか。
by jyon-non at 21:15
今晩は。なんだか幸せそう..
by jyon-non at 21:14
今年はお正月が2回来たよ..
by cuckoo2006 at 15:29
こんばんは、平成の世もも..
by jyon-non at 22:22
最新のトラックバック
ハミルトン カーキ フィ..
from ブライトリング ラバーベルト..
naruzu3.Exbl..
from タンク ルイ カルティエ エ..
カルティエ メンズ 財布
from ブライトリング コピー 0表示
https://shim..
from パネライ ルミノール コンポ..
https://mkof..
from ゼニス羽田 評価
ブルガリ 結婚指輪 4°c
from ロレックス オーバーホール ..
ゼニス エリート 評価 ..
from シャネル時計 ベルト調整 方法
カルティエ 指輪 love
from カルティエ 結婚指輪 バレリ..
ゼニス エルプリメロ パ..
from ブライトリング 人気 ランキ..
腕時計 ブライトリング ..
from ロレックス エクスプローラー..
ブックマーク  (五十音順)
タグ
(72)
(50)
(42)
(11)
(7)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「崩れる脳を抱きしめて」知念実希人〔著〕

d0074962_17172444.jpg
 内容紹介

彼女は幻だったのか?
今世紀最高の恋愛ミステリー!!

作家デビュー5周年、
実業之日本社創業120周年記念作品

圧巻のラスト20ページ!
驚愕し、感動する!!!
広島から神奈川の病院に実習に来た研修医の
碓氷は、脳腫瘍を患う女性・ユカリと出会う。
外の世界に怯えるユカリと、過去に苛まれる
碓氷。心に傷をもつふたりは次第に心を
通わせていく。実習を終え広島に帰った
碓氷に、ユカリの死の知らせが届く――。

彼女はなぜ死んだのか? 幻だったのか?

ユカリの足跡を追い、碓氷は横浜山手を
彷徨う。そして、明かされる衝撃の真実!?
どんでん返しの伝道師が描く、
究極の恋愛×ミステリー!!
2度読み必至!


 毎度、同じ前置きで恐縮ですが、私の大好きな又吉直樹さんが、同じく作家であるNEWSの加藤シゲアキさんと「タイプライターズ~物書きの世界」という番組の司会をしています。毎回、作家のゲストを迎え、その素顔や執筆の裏側を探求していきます。

 フジからBSフジへ移行した第1回目のゲストは、現役医師にしてミステリー作家の知念実希人さん。観覧車に乗った三人が、それぞれの文筆のスタイルなどを披露し合います。そこで知念さんの最新作「崩れた脳を抱きしめて」(2018年本屋大賞ノミネート作品)が紹介されました。

 研修医・碓氷は富裕層向けの療養施設「葉山の岬病院」へ実習に行く。そこで脳腫瘍を患う女性・ユカリと出会う。ユカリの担当医となった碓氷は余命いくばくもない彼女に寄り添う。心に傷を持つ二人は次第に引かれ会うようになる。実習を終え、故郷へ帰った碓氷にユカリの死の知らせが届く。岬病院へ舞い戻った碓氷が院長から告げられたのは思いも寄らない言葉だった。「君は一度もユカリさんを診察していない。全部、君の妄想なんだよ」病室にもユカリさんがいた痕跡は何一つ残っていなかった、、、、

 これは面白そう!作者が一瞬で思いついたというトリックをどうしても知りたくなり本屋さんへ向かいました。大掛かりな謎を一刻も早く解き明かしたい気持がビュンビュンページを捲ります。

 本当にすべては妄想だったのか?と思わせてからの展開に、オバサンの脳は必死について行きます。終盤は頭が大混乱しました。それでも、すべての伏線を回収し、物語は鮮やかに着地してみせます。若い作者と読者にとって今や、この複雑な絡まり具合がミステリーのスタンダードなのでしょうか。

 トリックを言葉で解説するのが、ややこし過ぎてネット上での完全ネタバレは心配なさそう。解説に「どんでん返しの伝道師」、「2度読み必死!」とあり安心もしました。又吉さんがらみで、中村文則さんに続いてまた新しい作家に出会いました。だいぶ草臥れました。


by cuckoo2006 | 2018-05-14 16:00 | 本(日本のもの) | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://cuckoo2006.exblog.jp/tb/26781535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by jyon-non at 2018-05-15 16:08
今日は。なかなかミステリアスなストーリーですね。読書するということは、頭が冴えていないとできませんね。心身が整って読書の楽しみがあるような気がします。cuckooさんの健やかな日常にパチパチ!
Commented by cuckoo2006 at 2018-05-16 17:19
jyon-nonさん
おっしゃる通り、気掛りなことがあると、どうも本の中身が頭に入ってきません、、、
作者・知念実希人さんの読者には小学生もいるとご本人が言っておられました。やはり私にはオーソドックスなミステリーの方が性に合うようです^^;
Commented by jyon-non at 2018-05-16 20:47
エ~ッ、そうですか~。最近の小学生諸君は、なかなか知的ですね。敵いません。
<< 皐月「山紫陽花」えてがみどどいつ 皐月「蕎麦湯入れ」えてがみどどいつ >>