小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
最新のコメント
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 17:43
お~、素晴らしい。兄嫁様..
by jyon-non at 12:33
ウフフ、なるほど、なるほ..
by jyon-non at 22:17
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 23:37
はぁ、凄いですねぇ・一緒..
by jyon-non at 12:53
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 21:38
梅雨明けしましたか~。い..
by jyon-non at 12:36
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 15:19
露地植えの胡瓜、いいです..
by jyon-non at 23:23
ネットから画像を見つけて..
by cuckoo2006 at 14:54
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「ファントム・スレッド」監督ダニエル・レイノルズ

 
d0074962_15143159.jpg

解説

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・トーマス・アンダーソン監督とダニエル・デイ=ルイスが2度目のタッグを組み、1950年代のロンドンを舞台に、有名デザイナーと若いウェイトレスとの究極の愛が描かれる。「マイ・レフトフット」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」「リンカーン」で3度のアカデミー主演男優賞を受賞している名優デイ=ルイスが主人公レイノルズ・ウッドコックを演じ、今作をもって俳優業から引退することを表明している。1950年代のロンドンで活躍するオートクチュールの仕立て屋レイノルズ・ウッドコックは、英国ファッション界の中心的存在として社交界から脚光を浴びていた。ウェイトレスのアルマとの運命的な出会いを果たしたレイノルズは、アルマをミューズとしてファッションの世界へと迎え入れる。しかし、アルマの存在がレイノルズの整然とした完璧な日常が変化をもたらしていく。第90回アカデミー賞で作品賞ほか6部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞した。(eiga.comより)

キャスト


 倒錯した愛の物語。でもその異常さは私達が当たり前に持っている感情が肥大したもの。登場人物のその時々の心の動きに身につまされる思いでした。

 1950年代ロンドン。天才的仕立屋のレイノルズは、田舎町のウェイトレス・アルマを見初めます。二人は惹かれ合い、アルマはレイノルズの美の象徴のような存在になります。今で言うならデザイナーブランドの専属モデルでしょう。レイノルズが追求する完璧な美、それを体現するアルマは幸福感に包まれます。

 アルマは次第にレイノルズのすべてを求めるようになります。レイノルズにウェディングドレスの仕立てを依頼した皇族の娘にも嫉妬をたぎらせます。プリンセスに好みを尋ねるレイノルズ。「ゴールドorシルバー?」「シルバー」、「レースorパール?」「レース」。大きく微笑みながら答えるプリンセス。傍らに立つアルマの心は乱れます。自分以外の女を美しくすることは最早アルマには許せないことでした。
 
 一方、レイノルズも亡き母の面影と共に生きていました。再婚する母の為に、16歳の彼が仕立てたウェディングドレス。ウェディングドレス姿の美しい母の幻影に囚われていたのです。

 やがて驚くべき行動に出るアルマ。最終的にレイノルズはアルマの異常な愛を受け入れます。それは母を求め続けた彼にとっても、完全な愛の形だったのかも知れません。

 もう一人の登場人物、レイノルズの姉のシリルの存在も心に残ります。弟を全面的にサポートしながらも、弟の寵愛するモデルが捨てられることに密かな喜びを感じています。自己抑制の効いたシリルにも弟への独占欲があります。

 そのシリルも入り込む余地がなくなったアルマとレイノルズの禁断の愛の世界は完結し、物語は幕を閉じます。

 愛という名の自己愛、そしてため息が出るほど美しいドレスの数々に悪酔いしました。一緒に観た友人に「いやあ、凄い話だったねえ!」と何度も言いました。


@新宿武蔵野館

by cuckoo2006 | 2018-07-05 21:39 | 洋画 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://cuckoo2006.exblog.jp/tb/26967487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by jyon-non at 2018-07-07 12:53
はぁ、凄いですねぇ・一緒に観に行きたかったです。お話を伺っただけで想像がつきます。いかんせん、この世は男と女ばかり。その心理と言えば、その数だけあることでしょう。 
余りに濃密な感情を抱くのは、もうこの年齢になると苦手です。もっと若かったら分かりませんぞ!{笑}
Commented by cuckoo2006 at 2018-07-08 23:37
jyon-nonさん
おどろおどろしい映画でした。
私と同年代の女性同士の観客が多かったです。映画の後のランチが大いに盛り上がる作品です(^-^;
Commented by jyon-non at 2018-07-09 22:17
ウフフ、なるほど、なるほど。わかります。一緒に行って盛り上がりたかったです!{笑}
<< 文月「扇風機」えてがみどどいつ 水無月「胡瓜」えてがみどどいつ >>