小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
最新のコメント
なんとそうでしたか。かっ..
by jyon-non at 16:47
jyon-nonさんも一..
by cuckoo2006 at 15:33
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 15:22
一人旅なさるのですね。・..
by jyon-non at 17:19
パチパチ。そうそうという..
by jyon-non at 17:18
ポツンと寂しそうな気楽そ..
by cuckoo2006 at 16:26
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 16:22
情景が目に浮かぶようです..
by jyon-non at 17:08
何て雰囲気あるどどいつ絵..
by jyon-non at 17:05
なるほど、なるほど・・・。
by jyon-non at 17:01
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
タグ
(19)
(6)
(6)
(5)
(3)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「万引き家族」監督是枝裕和

 

d0074962_14230808.jpg

解説

「三度目の殺人」「海街diary」の是枝裕和監督が、家族ぐるみで軽犯罪を重ねる一家の姿を通して、人と人とのつながりを描いたヒューマンドラマ。2018年・第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、日本映画としては1997年の「うなぎ」以来21年ぶりとなる、最高賞のパルムドールを受賞した。東京の下町。高層マンションの谷間に取り残されたように建つ古い平屋に、家主である初枝の年金を目当てに、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀が暮らしていた。彼らは初枝の年金では足りない生活費を万引きで稼ぐという、社会の底辺にいるような一家だったが、いつも笑いが絶えない日々を送っている。そんなある冬の日、近所の団地の廊下で震えていた幼い女の子を見かねた治が家に連れ帰り、信代が娘として育てることに。そして、ある事件をきっかけに仲の良かった家族はバラバラになっていき、それぞれが抱える秘密や願いが明らかになっていく。息子とともに万引きを繰り返す父親・治にリリー・フランキー、初枝役に樹木希林と是枝組常連のキャストに加え、信江役の安藤サクラ、信江の妹・亜紀役の松岡茉優らが是枝作品に初参加した。(eiga.comより)


 子どもを含めた登場人物の存在感に圧倒されました。それだけ血肉の通った人物が描かれていたのでしょう。狭い平屋の一軒家に溢れているモノ、モノ、モノ。台所から茶の間まで足の踏み場もないほど埋め尽くされたモノの一つ一つにもリアリティがありました。

 体裁などとは無縁の家族。これは一昔前の話ではと思いましたが、町には東京スカイツリーの姿があります。本音で今日を生きている家族の姿に、なぜか居心地の悪さを感じながらも、引き込まれていきました。

 子どもに万引きを教えること、赤の他人の年金を当てにすること、無断で子どもを連れてくること。ひと度この家族のことがメディアにのれば人として許されない事件と報道されるでしょう。お金に関連づけ、自分達の価値観に照らし合わせ批難することは一番理解が得やすいから。

 けれども、この物語は、その実像を過去に遡りながら、それぞれの心の動きを丹念に描いて見せます。表面を見ただけでは人の内実も家の内実も解からないもの、というのが一番の感想になりました。

 家族はスーパーから万引きするだけではなく、心の中の欠けたものを万引きして生き延びていたのかも知れません。安藤サクラ演じる信江は「盗んだんじゃなくて人が捨てたものを拾っただけ」と言います。

 恐らく捨てた側の人間として、また凶悪事件の善悪の構図に納得してきた身としては、だいぶ居心地の悪さを感じながら席を立ちました。間違いなく問題作です。


@TOHOシネマズ西新井

by cuckoo2006 | 2018-07-19 13:41 | 邦画 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://cuckoo2006.exblog.jp/tb/26993479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by jyon-non at 2018-07-19 17:32
なるほど。是枝監督の今の決まり切った観念社会に対する一つの風刺的な意味合いもあるやもしれませんね。でもこの監督さんは、その根っこに温かい温泉のような体温というか、感情を持ち合わせている人ですね。お顔を見たらそんな気がします。それにしてもどこか、これからの近い未来に、日本ではこんな家族が社会現象になりそうな気がします。
Commented by cuckoo2006 at 2018-07-20 22:03
jyon-nonさん
是枝監督作品は、おっしゃる通り鋭い社会風刺の根っこに深い愛情がありますね。私は「海街ダイアリー」がとても好きです。最近テレビでやっているのを観ました。そうそう、家族と言えば、来月10歳になるウチのハルも完全に家族ですねえ。
Commented by jyon-non at 2018-07-21 17:16
「海町ダイアリー」、観てみたいです。「そして、父になる」という作品は、観ました。                

ハルちゃん、可愛いですねぇ。・・またアップ楽しみにしています。大切な家族の一員ですね。良くわかります。・・
<< 「かがみの孤城」辻村深月[著] 文月「日傘」えてがみどどいつ >>