小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...
最新のコメント
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 21:45
ハルの散歩コースだった公..
by cuckoo2006 at 21:25
賛成!
by jyon-non at 21:57
そうでしたか。・・・残念..
by jyon-non at 21:56
パチパチ。賛成!いいですね。
by jyon-non at 21:53
日本の世界遺産、今のうち..
by cuckoo2006 at 16:04
なるほどねぇ。・・・世界..
by jyon-non at 16:24
パチパチ。仲良しさんですね。
by jyon-non at 16:22
まあjyon-nonさん..
by cuckoo2006 at 15:51
jyon-nonさん、あ..
by cuckoo2006 at 15:46
最新のトラックバック
メンズ腕時計 フォッシル..
from メンズ腕時計 フォッシル w..
ブライトリング ベントレ..
from ハミルトン島 ホワイトヘブン..
ブルガリ 財布 ブラウン
from ブライトリング 評判 au
ハミルトン カーキ フィ..
from ブライトリング ラバーベルト..
naruzu3.Exbl..
from タンク ルイ カルティエ エ..
カルティエ メンズ 財布
from ブライトリング コピー 0表示
https://shim..
from パネライ ルミノール コンポ..
https://mkof..
from ゼニス羽田 評価
ブルガリ 結婚指輪 4°c
from ロレックス オーバーホール ..
ゼニス エリート 評価 ..
from シャネル時計 ベルト調整 方法
ブックマーク  (五十音順)
タグ
(77)
(50)
(47)
(11)
(7)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


弥生「桃」えてがみどどいつ

d0074962_16443845.jpg

♪悲しいことがあると 開く皮の表紙
 卒業写真のあの人は やさしい目をしてる

3月のこの時期になると知らないうちにユーミンの「卒業写真」を口ずさんでいます。
「卒業写真」も切ない想いが沸いてきますが、私がもっと胸を締めつけられるのは「最後の春休み」という曲です。

忘れ物をロッカー室へ取りに行った春休み、誰もいない校舎の長い廊下を歩いていく、、、という場面の歌。
この曲を聴くたびに高校時代の木造校舎の匂いや、ざわめきが蘇ります。

私はユーミンと同じ年の生まれ。
ユーミンが20歳だった時、自分も20歳だったことが理屈抜きに感慨深いです。

40代の頃だったか、ラジオで夫婦関係のことを尋ねられたユーミンは
「別れるも地獄、留まるも地獄」と笑いながら答えていました。
それを聞いて何だか気が楽になったのを覚えています。

大晦日の紅白歌合戦では夫君の松任谷正隆氏と共演されていましたね。

前期高齢者になったばかりのユーミンと、これから先も元気に歩いて行きたいものです。


隅にあの娘の名前もあって寄せ書きあの日の春のまま



最後の春休み
                       作詞・作曲 松任谷由実

春休みのロッカー室に
忘れた物を取りに行った
ひっそりとした長い廊下を
歩いていたら泣きたくなった

目立たなかった私となんて
交わした言葉数えるほど
アルファベットの名前順さえ
あなたはひどく離れてた

もしもできることなら
この場所に同じ時間に
ずっとずっとうずくまっていたい

もうすぐ別の道を歩き
思い出してもくれないの
たまに電車で目と目が合っても
もう制服じゃない

窓の近くのあなたの机
ひとり頰杖ついてみる
ふたを開けると紺のボタンが
隅の埃にまぎれてた

もしもできることなら
この場所に同じ時間に
ずっとずっとうずくまっていたい

もうすぐ別の道を歩き
思い出してもくれないの
そよ風運ぶ過ぎたざわめき
今は春休み 今は春休み 最後の春休み

by cuckoo2006 | 2019-03-11 21:13 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://cuckoo2006.exblog.jp/tb/27481097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by jyon-non at 2019-03-17 18:06
ああ、何て切ない歌でしょう。情景がありありと浮かびあがりますね。我が家もお孫君は、今年高校3年生に。下のお孫君は、今年中学を卒業。いよいよ今年の春から高校生。私はおばあちゃんですが、この男の子たちを見ていると眩しくて、あの頃を思い出すことが多いです。私は、まったく男の子に振り向いてもらえないタイプでしたから、こうやって偉そうに家で君臨しているのが、実は恥ずかしいです。貰ってくれた?主人に今更ながら感謝・・・?でしょうか。                       
桃の枝も花も美しいですね。どどいつも胸きゅんです。 
素敵なバランスで作品が出来上がっていて素敵だなぁとしみじみ拝見させていただいています。
Commented by cuckoo2006 at 2019-03-18 23:10
jyon-nonさん
思春期のお孫君達に眩しさを感じて青春時代を思い出すなんて素敵です。瑞々しいです。
私はこの曲の歌詞の
♪目立たなかった私となんて交わした言葉数えるほど~
というところが昔からツボで、ここを歌う時は今でも声を張り上げております(*^^*)
私こそ主人に感謝しなければ、、、
<< 弥生「金一封」えてがみどどいつ 弥生「徳利」えてがみどどいつ >>