小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...
最新のコメント
画面構成も色彩もタッチも..
by jyon-non at 15:29
そのとおりですね。おっし..
by jyon-non at 15:22
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 21:11
高圧的な物言いから、彼の..
by jyon-non at 20:02
洋さん、大好きな役者さん..
by jyon-non at 19:57
jyon-nonさん、愚..
by cuckoo2006 at 21:16
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 21:07
深い内容のどどいつさんで..
by jyon-non at 18:16
雪だるま・・なるほど。そ..
by jyon-non at 17:59
ハルちゃん、良かったね。..
by jyon-non at 17:56
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
タグ
(44)
(20)
(10)
(7)
(6)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「スティル・ライフ」 池澤夏樹〔著〕

d0074962_954626.jpg伯父夫婦の留守の屋敷に住むフリーターの「ぼく」は、アルバイト先の染色工場で、少し年上の佐々井と知り合う・・宇宙のこと地球のこと野球のこと、二人は静かに語り合った。
やがて佐々井のある頼みによって屋敷で始まる共同生活・・・

実に不思議な小説だった。時折「浮遊感」を感じながら読んだ。

話は、ただただ淡々と進み、やっとストーリー性が出てきたところで、バッサリ終る。
正直言うと肩透かしされた感じだった。えっ、これでオシマイなの?

でも、心の深いところまで染み透る文章に、度々はっとした。そんなふうに時々立ち止まりながら読み進んで行った。

たとえば冒頭の(以下、文中のままでなくツギハギ、あしからず)

『人や工場や山脈の外の世界と自分の心の中にある広い世界に連絡をつけることが大切。二つの世界の呼応と調和をはかるのだ。星を見るとかして。星ではなくてせせらぎでもセミ時雨でもいいのだが。』

この「星を見るとかして。」というのは感覚的にとてもしっくり来たのだった。

著者紹介に「詩人」と「物理学科出身」とあって、物語に漂う一種独特な不可思議感の謎が解けたような気がした。

あともう一編「ヤー・チャイカ」、“わたしはカモメ”の意味の作品も収められている。
器械体操をする高校生の娘カンナは、父親と二人暮らし、ひょんなことから出会ったロシア人男性と父娘の交流は・・・

こちらも宇宙飛行士からまた「理科」の世界が広がっていく。
カンナと想像上の恐竜、ディプロドクスのやり取りが凄くいい。こっちの話の方が私は好きだった。

2編とも何にも起こらない。
「事件」も「諍い」も「恋愛」も見事に何一つ・・そこに作者の一つの意図を感じた。
池澤夏樹、ちょっと気になりました。もう一冊くらい読んでみようかな。

「スティル・ライフ」は、1987年芥川賞受賞。
by cuckoo2006 | 2006-06-22 22:12 | 本(日本のもの) | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : https://cuckoo2006.exblog.jp/tb/3285709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 団塊女性よこれからです at 2006-07-20 21:59
タイトル : 池澤夏樹
池澤夏樹 すばらしい新世界... more
<< 「パレード」 吉田修一〔著〕 「プライドと偏見」 監督ジョー... >>