小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...
最新のコメント
今晩は。そうでしたか。北..
by jyon-non at 22:50
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 16:06
ハルちゃん、可愛い×3・..
by jyon-non at 17:24
ありがとうございます(*..
by cuckoo2006 at 19:21
素敵な妄想・・・いえいえ..
by jyon-non at 18:40
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 22:47
うわぁ、素晴らしい。これ..
by jyon-non at 12:05
なるほど~!
by jyon-non at 11:49
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 22:53
大家さんと僕読みました。..
by jyon-non at 23:49
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
タグ
(23)
(7)
(6)
(6)
(5)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」 監督サラ・ポーリー

c0155544_9401492.jpg

見どころ
主演のジュリー・クリスティが数多くの映画賞に輝いたカナダ映画。実力派女優サラ・ポーリーが監督を務め、初老夫婦の愛と記憶をめぐる切ないドラマを描き出す。
ストーリー
結婚44年目のグラントとフィオーナは大自然の中で穏やかな日々を送っていた。しかしフィオーナがアルツハイマー症を患い、施設に入ることに。取り残されたグラントは複雑な思いに駆られていく。
Movie Walkerより)

単館上映の話題作。土曜日の午後、小さな映画館は中高年で一杯です。
イヤハヤ、ムムム・・・観終わって直ぐは感想が言葉になりません。確かに凄かった。

結婚生活44年になるグラントとフィオーナ。18歳だったフィオーナは大学で教鞭をとるグラントの教え子でした。美しいカナダの大自然の中、互いを思いやり穏やかに暮らす二人。そんな日々の中、フィオーナの物忘れが目立つようになります。何気ない会話を交わしながら、妻がフライパンを冷蔵庫にしまう場面などは、リアルにゾッとします。

やがて、フィオーナは、自ら介護施設に入所することを決意します。規則どおりに一月後を待ち侘びてフィオーナに面会に行ったグラントは、思ってもいなかった光景を目にする。そこには、オーブリーという車椅子に乗った男性を恋人のように優しく世話するフィオーナの姿があり、夫である自分は妻の記憶から消え失せていました。

この辺からのジュリー・クリスティが、もう堪らなく巧い。正常な記憶をなくしても本来の人格を失わず、優美さ繊細さを留める。また、ふと正常に戻って、若い頃に夫が次々に女子大生と浮気をしたことを責める。息苦しさを感じるほどの演技力です。そして、グラントは、オーブリーの妻・マリアンに会いに行き、同じ境遇にいる二人にも新しい毎日が訪れていきます・・・

映画館を出て、一緒に観た友人の「フィオーナがグラントを忘れたふりをしていた可能性もあるわね」という意見がまた衝撃でした。それから、グラントとマリアンが、これからどうなるのか、も二通りにとれ、それによって、フィオーナの言動の意味も変わってくる・・・いろんな風に捉えられる筋立てにミステリー要素もあります。

母がホームにお世話になっていたとき、父が日参するダーリンとして有名だったことなども思い出しました。また、正常な記憶力、判断力をなくした人に、「なくしたふり」は不可能なのでは、というのが私の実感ですが、これも一概には言えないでしょう。

パンフレットには、「自信のある方は是非ご夫婦でご覧ください」とありました~


@銀座テアトルシネマ
by cuckoo2006 | 2008-06-30 07:59 | 洋画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cuckoo2006.exblog.jp/tb/8215849
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「あなたに不利な証拠として」 ... 「悲しみの港」 小川国夫〔著〕 >>