小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...
最新のコメント
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 21:45
ハルの散歩コースだった公..
by cuckoo2006 at 21:25
賛成!
by jyon-non at 21:57
そうでしたか。・・・残念..
by jyon-non at 21:56
パチパチ。賛成!いいですね。
by jyon-non at 21:53
日本の世界遺産、今のうち..
by cuckoo2006 at 16:04
なるほどねぇ。・・・世界..
by jyon-non at 16:24
パチパチ。仲良しさんですね。
by jyon-non at 16:22
まあjyon-nonさん..
by cuckoo2006 at 15:51
jyon-nonさん、あ..
by cuckoo2006 at 15:46
最新のトラックバック
メンズ腕時計 フォッシル..
from メンズ腕時計 フォッシル w..
ブライトリング ベントレ..
from ハミルトン島 ホワイトヘブン..
ブルガリ 財布 ブラウン
from ブライトリング 評判 au
ハミルトン カーキ フィ..
from ブライトリング ラバーベルト..
naruzu3.Exbl..
from タンク ルイ カルティエ エ..
カルティエ メンズ 財布
from ブライトリング コピー 0表示
https://shim..
from パネライ ルミノール コンポ..
https://mkof..
from ゼニス羽田 評価
ブルガリ 結婚指輪 4°c
from ロレックス オーバーホール ..
ゼニス エリート 評価 ..
from シャネル時計 ベルト調整 方法
ブックマーク  (五十音順)
タグ
(77)
(50)
(47)
(11)
(7)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


水無月「海老の天ぷら」えてがみどどいつ

d0074962_17465471.jpg
海老の衣がサクッと言った上を頼んだ嬉しい日

# by cuckoo2006 | 2019-06-15 17:30 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

水無月「紫陽花」えてがみどどいつ

d0074962_17463982.jpg
たまに逢おうよ元気なうちにビールも笑顔も生がいい


d0074962_21410131.jpg
お散歩コースの紫陽花とハル8歳(2017年6月)


# by cuckoo2006 | 2019-06-13 17:48 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

水無月「茄子」えてがみどどいつ

d0074962_16372701.jpg
この春、父の弟が亡くなりました。
99歳を数ヶ月越えてのことでした。

父は4年前に99歳の数ヶ月前に亡くなりました。
父と叔父は3歳違いだったので、ほとんど同じくらいの寿命です。

二人とも90歳を過ぎても驚くほど元気でした。
自転車で都内を横断し、叔父は良く父を訪ねてくれました。
近所のお蕎麦屋さんでは「ご兄弟でしょう。すぐ分かりますよ」
と言われたとか。
背格好や歩き方、頭の禿げ方まで、まるで双子のおじいさんのようでした。

父は病気の息子(私の兄)の面倒をずっと見ていましたし、叔父にも病弱で気に掛けてきた愛娘がいました。
そんなことも元気の源だったのかも知れません。

天国でもゴーイング(強引)マイウェイで明るく仲良くやっていることでしょう。


酒も煙草もやめない父の百が見えたり隠れたり

# by cuckoo2006 | 2019-06-07 17:00 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

水無月「ホワイトアスパラ」えてがみどどいつ

d0074962_16375373.jpg
花とグルメに歴史がついて世界遺産にバスが着く

# by cuckoo2006 | 2019-06-03 19:17 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(3)

皐月「ドーナツ」えてがみどどいつ

d0074962_16373965.jpg

近所のショッピングモールにミスタードーナツが入っています。
離れたところからも見えるように綺麗な色と形のドーナツが並んでいます。
その光景を目にするたびにドーナツ屋さんって愛と平和の象徴のようだなあと感じます。
とは言っても悪玉コレステロールを気にしている身としてはドーナツはいつも眺めるだけ。
でも今日はこの絵手紙を描くため久しぶりにドーナツを買いました。
ビジュアルの良いのを2つチョイス。
外見を裏切らない強烈な美味しさでした。
夫と半分コしたので大丈夫でしょう。


並んだドーナツ色とりどりに愛と平和が売れている


# by cuckoo2006 | 2019-05-30 20:26 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(3)

皐月「えのき茸」えてがみどどいつ

d0074962_16041813.jpg
今朝は女房が綺麗に見えて味噌汁濃過ぎず薄過ぎず

# by cuckoo2006 | 2019-05-26 14:48 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

皐月「椎茸」えてがみどどいつ

d0074962_16040439.jpg
 
愛犬ハルが旅立って4ヶ月になります。
ハルはご飯の時いつも夫の横に陣取っていました。
トーチャンが自分にチョコチョコ食べ物をくれることを知っていたのです。
催促の吠え声のBGMがなくなり、すっかり静かな晩御飯になりました。

夫はどうもまた犬が飼いたい様子です。
でも私達の年齢で次の犬を飼うのは難しいこと。
では、ある程度の年齢になった保護犬はというと、60歳を過ぎて犬の里親になるには後見人が必要とのことです。
自分達がいっぺんに年寄り夫婦に思えました。

夫は「ハルそっくりのハーフ犬が入ったよ」などとペットショップの情報を教えてくれます。
「ハルが居なくなって妻と二人きりの息苦しさから逃れるために犬を飼いたいんじゃないの?」と冗談めかして言ったら、
「そ、そんなことはない!」とむきになって否定したので、多分図星でしょう。

 

夫婦喧嘩を取り成す猫が逝って静かな晩ごはん

# by cuckoo2006 | 2019-05-22 19:46 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

皐月「伊予獅子てまり(ヤマアジサイ)」えてがみどどいつ

d0074962_15314675.jpg
手の平サイズの幸せだから大事に大事にあたためる

# by cuckoo2006 | 2019-05-16 13:34 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

皐月「カーネーション」えてがみどどいつ

d0074962_15320547.jpg
せめて元気な顔だけ見せて母の煮物を平らげる

# by cuckoo2006 | 2019-05-13 15:33 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

皐月「アルバム」えてがみどどいつ

d0074962_16574404.jpg

自分や家族が良く着ていた服は白黒写真の中でも色がついて見えます。
鮮明な記憶により脳が白黒をカラーへ変換させているのかも知れません。

母が作ってくれた機械編みのカーディガンなどは、まさにそんな一着。
写真を見た瞬間に、水色の毛糸に混じった少量の青い毛糸まで脳の中で再現されます。

ベージュに黄、えんじ、茶の毛糸が混じったカーディガンも良く着ています。
母が編むセーターは、なぜかぼんやりした色ばかりでした。
どうもこの辺が私の服の趣味の原点のようです。


白黒写真の色鮮やかに母の手編みのカーディガン

# by cuckoo2006 | 2019-05-11 21:13 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

皐月「ユリ」えてがみどどいつ

d0074962_13140548.jpg
お湯も魚も評判通り朝から混んでる脱衣籠

# by cuckoo2006 | 2019-05-09 18:24 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

皐月「筍」えてがみどどいつ

d0074962_13143164.jpg
床屋行こうか珈琲飲もか文庫本だけ持って出る

# by cuckoo2006 | 2019-05-02 14:52 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

卯月「桜の花びら」えてがみどどいつ

d0074962_13445802.jpg
今年の桜が綺麗に散って平成時代の取りをとる

平成も今日が最後になりました。
令和時代もその先も戦争のない平和な世の中でありますように。

そして令和時代もその先も健康でいられますように。
健康と言っても皆、病気の一つや二つ持っているのが普通の歳になってしまったので、その上で無事に元気で仲良くいられますように。

今夜は「平成ニッポンのヒーロー総選挙」という特番をするそうです。
我が家の第1位予想はイチロー選手、結果はさて如何に?

# by cuckoo2006 | 2019-04-30 14:11 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

「葉桜の季節に君を想うということ」歌野晶午【著】

 
d0074962_15451088.jpg

「何でもやってやろう屋」を自称する元私立探偵・成瀬将虎は、同じフィットネスクラブに通う愛子から悪質な霊感商法の調査を依頼された。そんな折、自殺を図ろうとしているところを救った麻宮さくらと運命の出会いを果たして―。あらゆるミステリーの賞を総なめにした本作は、必ず二度、三度と読みたくなる究極の徹夜本です。 (文庫本裏表紙より)


 趣のあるタイトルにミステリー賞総なめ作品という説明書き。迷わず手に取った文庫本に、これほど見事に欺されるとは!魂消ました。

 情緒あふれるタイトルと裏腹に一行目から余りの生々しい描写。辟易としました。でもこれこそが読者にある先入観を植えつける有効な手段だったのです。

 主人公・成瀬は港区白金の裏通りに妹と暮らす自称「何でもやってやろう屋」。高校の後輩キヨシが思いを寄せる良家の子女・愛子から、おじいさんが効果を信じ込んでいる「蓬莱倶楽部」の調査を依頼されます。「蓬莱倶楽部」とは悪質商法により健康食品を売りつける会社でした。

 「蓬莱倶楽部」に食い尽くされる人々や、成瀬が飲み友達に依頼された調査、また彼が駅で偶然助けた女性との恋など、それぞれ並行するストーリーがテンポ良く進みます。

 けれども快調に進んでいた話が一瞬にして様相を変えます。本の中で完全に迷子になりました。やがてすべてのストーリーが繋がり真実が明らかになります。

 もう一度読むと回りの景色が一変しています。その景色に、ちょっと励まされもしました。今週末からの10連休にお薦めの一冊です。

# by cuckoo2006 | 2019-04-25 20:28 | 本(日本のもの) | Trackback | Comments(2)

卯月「傘」えてがみどどいつ

d0074962_21190994.jpg
父を待ってる改札口は胸に抱えた黒い傘

# by cuckoo2006 | 2019-04-19 13:17 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

卯月「アヤメ」えてがみどどいつ

d0074962_21193700.jpg
薬袋の万葉仮名の母の名前は母らしい

# by cuckoo2006 | 2019-04-14 15:13 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

「夜中に犬に起こった奇妙な事件」マーク・ハッドン【著】

 
d0074962_14503149.jpg

内容(「BOOK」データベースより)

数学や物理では天才なのに、他人とうまくつきあえない自閉症の少年クリストファー。ある夜、近所の飼い犬が殺された。彼は探偵となって犯人を捜しながら、事細かに記録を取る。やがて驚くべき事実が明らかになり…事件を通して成長していく少年の心を描いた、『アルジャーノンに花束を』をしのぐ感動作。


 jyon-nonさんがブログで紹介くださった本。これは読んでみたいとすぐに図書館で借りて来ました。

 主人公は15歳のクリストファー。彼は真夜中に向かいの家の犬が殺されているのを発見します。殺された黒いプードルのウエリントンが好きだったクリストファーは犯人を見つけ出すことを決意。そしてウエリントン殺しの犯人を探し出す一部始終をミステリー小説にすることにします。

 クリストファーによって書かれたミステリーという形で物語は進みます。しかし読者は、この話何だか変だなと気づきます。まず本を開いた最初の章が「2」なのです。続く章は3、5、7、11、13と続きます。その理由はクリストファーは素数が好きだから。高機能自閉症の特性を備えた彼は、難解な数学の問題をスラスラ解いてしまう一方、人の表情を読み取ること、その表情から相手の意図を汲み取る能力がありませんでした。

 犬を殺した犯人を捜すのと並行してクリストファーの日常生活が描かれます。彼の視点から見た世界が展開されるのですが、それを私達のいる世界から見ると180度違うものになります。クリストファーにとって当たり前の行動が、周囲のすべての人々の平穏を奪っているという現実。クリストファーの物差しが作り出した決まり事、それに従った生活を強いられる家族に唯々同情心が沸きました。

 けれどもその感覚は少しずつ変化していきます。ロンドンへ向かうことを決めたクリストファーは乗換え駅のベンチで長時間うずくまります。目まぐるしく迫まる雑踏は彼の最も苦手なものでした。いつの間にかクリストファーの視点で世界を見ていることに気づきます。ポケットに入れてきたネズミのトビーが逃げ出し、線路を追いかけるところは私の一番好きなシーンでした。

 最後にクリストファーの一番の願いが叶います。そしてトビーが天寿を全うした後、お父さんから貰った思わぬプレゼント。ウエリントン殺しの犯人ももちろん判明します。

# by cuckoo2006 | 2019-04-11 21:55 | 本(外国のもの) | Trackback | Comments(2)

卯月「枝切り鋏」えてがみどどいつ

d0074962_21192365.jpg
暇で丈夫でいい人だから そこのところを頼み込む

# by cuckoo2006 | 2019-04-09 21:23 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

卯月「デコポン」えてがみどどいつ

d0074962_14474203.jpg
言い争いなど以ての外の妻の語彙緑記憶力

# by cuckoo2006 | 2019-04-05 14:03 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

弥生「にんじん」えてがみどどいつ

d0074962_16001637.jpg

4月から再々雇用となる夫は週3勤務になります。
なので去年は、遠出しようと思っても「来年からは平日に出かけられるから急ぐことないよね」という話に良くなりました。

愛犬ハルを連れ、あちこち出かけられる春に、ハルがもう居ないとは思ってもいなかったのです。

去年が最後のお花見になることも想像すらしていませんでした。
でもそれで良かったと思っています。
ふり返ってみたら、あれが最後だった、というのが一番辛くないから。

今年はいつもの舎人公園ではなく隅田川沿いの桜を見に行きました。
そして念願だった長命寺の桜餅を初体験。
長命寺とは、さくら橋を渡ったところにある和菓子屋さんです。
したいと思っていたことが一つ叶った春でした。

秋には去年先送りしたホウキ草コキアも見に行くことにします。

  
妻の行き先覚えてないが金平牛蒡が置いてある


# by cuckoo2006 | 2019-03-30 20:54 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(3)

弥生「鉛筆」えてがみどどいつ

d0074962_14475616.jpg
ハローワークへ靴ひも締めて小遣い稼ぎじゃいられない

# by cuckoo2006 | 2019-03-28 14:11 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

弥生「桜」えてがみどどいつ

d0074962_14481358.jpg

愛犬ハルが旅立ってからしばらくはハルが居ないことが不思議で堪りませんでした。一体ハルは何処へ行ってしまったのだろうという気持ちです。


去年の春は区内のトネリ公園でお花見。
ピョンと膝に乗ったハルと桜をスケッチしました。

d0074962_16022924.jpg
d0074962_16024276.jpg
(2018.325)


ハルが旅立ってから2ヶ月が経ち、寂しいことですが、ハルが居ないことに少しずつ慣れてきました。
家中に貼ってあるハルの写真に「ハル、ありがと!楽しかったねー!」と毎日話しかけています。
 

d0074962_16112967.jpg
(2018.9.2)


君はいないが桜は咲いた笑顔が浮かんでいるお空

# by cuckoo2006 | 2019-03-24 20:57 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

弥生「チューリップ」えてがみどどいつ

d0074962_16000089.jpg
10年ほど前に、友人にお父上の年表を見せてもらったことがあります。
お父上を亡くされてすぐのことでした。
生まれた場所、小学校の名前、転校した学校、就職した会社などが年代ごとに表になっていました。

そう言えば親がどこで育ち、どの学校で学んだかなどは、ほんの一部分しか知りません。
私も90代だった父にインタビューすることにしました。

「どうして急にそんなこと訊くんだ」
「もう忘れちゃったなあ」
と言いながらも父は嬉しそうに答えてくれました。

炭坑技師だった祖父の転勤に伴い、長崎で生まれた父は軍艦島で子ども時代を過ごし、小学生の時に北海道の美唄に転校したというのも初めて聞く話でした。
長崎と北海道の小学校の名前を懐かしそうに話す父はとても楽しそうでした。

年表はというと、私のことですから途中で面倒臭くなったのか、父と喧嘩したのか覚えていませんが、未完成のまま終わっています。

この時、母は既に亡くなっていました。
母と話す時、私はいつも自分のことばかり喋っていました。
母の話をゆっくり聞いてあげれば良かったという思いは、年を重ねるごとに強くなっています。
歌で罪滅ぼしです。

  
お金も旅行もいらない母の話し相手になっている

# by cuckoo2006 | 2019-03-20 21:42 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

弥生「金一封」えてがみどどいつ

d0074962_16003692.jpg
畏まってる金一封は外見も中身も有り難い

# by cuckoo2006 | 2019-03-14 16:03 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

弥生「桃」えてがみどどいつ

d0074962_16443845.jpg

♪悲しいことがあると 開く皮の表紙
 卒業写真のあの人は やさしい目をしてる

3月のこの時期になると知らないうちにユーミンの「卒業写真」を口ずさんでいます。
「卒業写真」も切ない想いが沸いてきますが、私がもっと胸を締めつけられるのは「最後の春休み」という曲です。

忘れ物をロッカー室へ取りに行った春休み、誰もいない校舎の長い廊下を歩いていく、、、という場面の歌。
この曲を聴くたびに高校時代の木造校舎の匂いや、ざわめきが蘇ります。

私はユーミンと同じ年の生まれ。
ユーミンが20歳だった時、自分も20歳だったことが理屈抜きに感慨深いです。

40代の頃だったか、ラジオで夫婦関係のことを尋ねられたユーミンは
「別れるも地獄、留まるも地獄」と笑いながら答えていました。
それを聞いて何だか気が楽になったのを覚えています。

大晦日の紅白歌合戦では夫君の松任谷正隆氏と共演されていましたね。

前期高齢者になったばかりのユーミンと、これから先も元気に歩いて行きたいものです。


隅にあの娘の名前もあって寄せ書きあの日の春のまま



最後の春休み
                       作詞・作曲 松任谷由実

春休みのロッカー室に
忘れた物を取りに行った
ひっそりとした長い廊下を
歩いていたら泣きたくなった

目立たなかった私となんて
交わした言葉数えるほど
アルファベットの名前順さえ
あなたはひどく離れてた

もしもできることなら
この場所に同じ時間に
ずっとずっとうずくまっていたい

もうすぐ別の道を歩き
思い出してもくれないの
たまに電車で目と目が合っても
もう制服じゃない

窓の近くのあなたの机
ひとり頰杖ついてみる
ふたを開けると紺のボタンが
隅の埃にまぎれてた

もしもできることなら
この場所に同じ時間に
ずっとずっとうずくまっていたい

もうすぐ別の道を歩き
思い出してもくれないの
そよ風運ぶ過ぎたざわめき
今は春休み 今は春休み 最後の春休み

# by cuckoo2006 | 2019-03-11 21:13 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

弥生「徳利」えてがみどどいつ

d0074962_16451362.jpg

あだ名とは少し違いますが、句会や歌会では本名とは別の雅号を名乗ることがあります。
あだ名は周囲がつけますが、雅号は思い入れを持って自分自身がつけます。
日常を離れた世界に、もう一人の自分がいるような面白さでしょう。

けれども私が初めて歌会に参加した時、雅号をつけることは考えませんでした。
なぜなら〇〇君のお母さん、〇〇さんの奧さんで過ごして来た自分の名前に光を当ててやりたい思ったのです。
親につけてもらった名前がそのまま雅号になりました。

歌会のお仲間とは、もう雅号がその人そのもの。
電車の中で、「トンボさん」、「春の月さん」などと呼び合うのは愉快なものです。

 
あだ名で呼んでた常連さんの席がぽつんと空いている

# by cuckoo2006 | 2019-03-08 21:33 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

弥生「ジョッキ」えてがみどどいつ

d0074962_16432100.jpg
一人来るたびまた乾杯の腕を伸ばしているジョッキ

# by cuckoo2006 | 2019-03-06 16:47 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

弥生「手桶」えてがみどどいつ

d0074962_12255574.jpg

静まり返った深夜の露天風呂に先客がいると、一人じゃなくてガッカリするのと一人じゃなくてホッとするのと両方の気持ちがあります。

「今日はどちらを回られましたか」とか
お近くからです」と尋ね合うのも良いものです。

ずいぶん前のことですが、年配のご婦人と「お住まいはどちらですか」の話から最寄り駅が同じと分かったことがあります。
風邪を引いて掛かるのが〇〇医院というのも一緒。
驚くほどのご近所でした。
「本当に偶然ですねー!」と何度も言い合ったものです。

「ご縁があったらまたお会いしましょうね」とその人は笑顔で出て行かれました。

〇〇医院での再会はありませんでしたが、日本海に臨む露天風呂での温かな思い出です。

   
 女同志の話があって化粧を落した露天風呂

# by cuckoo2006 | 2019-03-03 15:06 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(3)

弥生「梅」えてがみどどいつ

d0074962_12253005.jpg

「行くことになった学校が、その子にとっていい学校なのよ」
人から言われたこともありますし、人に言ったこともあります。

つまりは、希望する学校に入れなかった時、これしか言うべき言葉が見つからないのでしょう。
でもやはり、そこには不変の真理があります。
あの友達、あの先生、あの学校こそが、今の自分を作ったくれたのだと思います。

もう二昔前のことになりますが、今のこの時期、息を詰めながら息子達の合格発表を待ったものです。
何も手につかない中、ヨシ、受かったら久しぶりにお雛様を出そう!と良く思いました。
頭の中はもう、お雛様も一緒に合格祝い。

「駄目だったらしいね・・・」木箱の中でお雛様達は何度ささやき合ったことでしょうか。

お雛様に無茶苦茶する愛犬ハルも、もういません。

今年は不合格だった年の分もまとめて、私と同い年の雛全員を出してやりました。


落ち着くところへ落ち着きました御礼参りの三分咲き

# by cuckoo2006 | 2019-03-01 16:16 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

如月「蕎麦猪口」えてがみどどいつ

d0074962_12254336.jpg
頼み上手と断り下手が名前を連ねた発起人

# by cuckoo2006 | 2019-02-28 12:27 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)