小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
最新のコメント
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 17:11
いい映画のようですね。他..
by jyon-non at 23:42
ほんとに!考えただけで愉..
by jyon-non at 18:35
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 14:13
そうでしたか。苦心の作品..
by jyon-non at 20:10
うわぁ、一人旅だったので..
by jyon-non at 20:09
いいですねぇ。なんだか楽..
by jyon-non at 20:07
四国へ一人旅した時、鳴門..
by cuckoo2006 at 12:37
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 12:22
足湯温かそう!健康的な足..
by jyon-non at 21:39
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
タグ
(31)
(10)
(10)
(6)
(5)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:3分スピーチ@話し方教室( 44 )

「お雛様にまつわる誤解」3分スピーチ

皆さま、こんにちは。
私は子供の頃、お雛様に関してある誤解をしていました。

私の記憶の中の最初の我が家のお雛様は、一段目が内裏雛、二段目が三人官女、三段目が五人囃子と三段くらいのものでした。
次の年には、四段目の右大臣、左大臣、また翌年には、三人仕丁という具合に段々が増えていきました。
そこで私は、お雛様というのは娘が生まれたらその幸せを願って毎年一段ずつ買い足していくものと思い込んでいたのです。
 
小学生になって同級生の家へ行くとそこには七段飾りのお雛様がありました。
私と同じ年なのに不思議でしたが、友達にはお姉ちゃんがいたので子供心にも納得がいきました。
けれどもしばらくして、私は一人っ子の友達の家でまた七段飾りのお雛様を目撃してしまいます。
何にも知らない友達のおばさんに真実を教えてあげなければと思った私は、
「オバチャン、お雛様は一度に買ったらいけないんだよ!」と言いました。
優しいおばさんが困ったような顔していたのを覚えています。

家に帰りこの話をすると母は慌てました。
そして私は事情を知ったのです。
うちはお雛様を一度に全部買う余裕がないから毎年一組ずつ増やしていたことを。

五人囃子は高くて買えず、橘と桃の花だけを買った年もあったというのは大人になってから聞いた話です。
ですから、うちのお雛様は内裏雛が一番小さくて、下に行くに従って少しずつ見栄えが良くなります。
一番下の段の三人仕丁は殿様の履き物を掲げているのですが、殿様より大きく衣装も奇麗です。
その下のお道具の段は籠や牛が引く御所車があり、日本が高度経済成長時代に入り我が家の家計にも余裕が出てきたことが分かります。

母がこんなことを言ったのを覚えています。
「昔は二月になると伊勢丹にお雛様を一段ずつ買いに行くのが楽しみだったけど、アンタも大きくなって最後は興味を示さなくなっちゃった。やっぱり買うのにも時期があるわねえ」

何だか統一感のないお雛様ですが、そんなことも、もう良い思い出です。
毎年、唯一私と同じ年のお内裏様だけ出すのですが、今年はそれより一歳若い三人官女も出しました。
近頃は断捨離、終活などという言葉も耳に入ります。
お雛様ともいつまで一緒にいられるか分かりません。
来年は段を組み立て、赤い毛氈を引き、七段飾り全部を飾りたいと思っています。

ありがとうございました。

♬♬♬ ♪♪♪ ♫♫♫ ♪♪♪ ♬♬♬ ♪♪♪ ♫♫♫ ♪♪♪ ♬♬♬

今日のハル
「最上段はボクさ」
d0074962_12195875.jpg

ハル刑事何か発見
d0074962_12415971.jpg
哲学的表情
d0074962_12414238.jpg



by cuckoo2006 | 2018-03-13 19:08 | 3分スピーチ@話し方教室 | Trackback | Comments(2)

「新しく仕入れたもの 畳」3分スピーチ

皆さま、あけましておめでとうございます。
新年初のお題は、「新しく仕入れたもの」、
我が家が昨年末に新しく仕入れたもの、それは畳です。

今の住まいに越して早いもので今年で10年になります。
畳も大分古くなってきました。
お正月も迎えることですし、畳を新しくすることにしました。

今度の畳は私が前から目をつけていた新しいタイプのものです。
畳にはヘリがなく一枚一枚が半畳。
そして、い草ではなく和紙でできています。
洋風なテイストが隣のフローリングと一体感を出し、狭い部屋も少しだけ広く感じます。
マンションなどでは、このタイプの畳がこれからは主流になっているようです。

畳替えは拍子抜けするほど簡単に済みました。
送られてきたパンフレットから色を選びます。
そして事前に部屋の採寸があり、当日は古い畳を撤去して新しい畳を入れるだけ。
あっという間に終わりました。

私が子供の頃の畳替えと言うと、それは大変なものでした。
昔は家の全部が和室という家がほとんどだったのです。
職人さんが庭に外した畳を並べ、大きな針でゴリゴリと肘を使い、畳表を縫い付けていきます。
子供にとって畳職人さんの動作はとても興味深いものでした。
けれども職人さんに近寄ると危ないので大変怒られます。
母がお茶やお菓子を出し、そのおこぼれを頂いたりして、畳替えの一日は子供にとって、ワクワクする一大イベントだったのです。

新しくなった畳は和紙で出来ているので新しい畳独特のい草の匂いはしません。
それは正直ちょっと物足りない気もします。
でも今度の畳は水分が染み込まず弾けます。
これはシツケの悪い犬がいる我が家には最適です。
新しい畳が目に入ると、気分が新たになり、今年が良い年になる気持になります。

ありがとうございました。

♬♬♬ ♪♪♪ ♫♫♫ ♪♪♪ ♬♬♬ ♪♪♪ ♫♫♫ ♪♪♪ ♬♬♬

今日のハル
「ボクのチッコも染み込まないんだってサ」
d0074962_16531880.jpg


by cuckoo2006 | 2018-01-13 17:21 | 3分スピーチ@話し方教室 | Trackback | Comments(2)

「一年の終わりに 狂歌」3分スピーチ

皆さま、こんにちは。
今日のテーマは「一年の終わりに」です。
そこで、私が一年の終わりに作る狂歌のお話をいたします。

皆さま、狂歌ってご存じでしょうか。
狂歌とは、社会風刺や皮肉、滑稽を盛り込んだ五・七・五・七・七の形でつくる和歌短歌のことです。江戸時代に大流行しました。

私は雑俳と呼ばれる言葉遊びの会に参加しています。
雑俳は「ざっぱい」と読みます。
雑俳には、川柳、洒落付け、語呂合わせ、都々逸など様々なジャンルがあります。
雑俳も江戸時代に生まれた庶民の遊びです。

雑俳の会では毎回色々なお題が出されます。
頭を絞って考え、いい句がひらめいた時は嬉しいものです。
一年の終わりの12月の句会には、今年一年に起こった出来事を詠み込む狂歌が出題されます。

狂歌は万葉集からの有名な歌の一部を変えて作ったりします。
また、掛詞(かけことば)の技法を使うことも多いです。
掛詞の技法とは「その手は桑名の焼きハマグリ」などというものです。
 
皆さまもきっとお聞きになったことがある、狂歌の名作を一つご紹介します。

白河の 清きに魚(うお)も 住みかねて もとの濁りの 田沼恋しき

これは魚の住む「田沼」と江戸幕府老中の「田沼意次(おきつぐ)」が掛けられています。
汚職がはびこっていても田沼意次時代の方が自由で豊かで暮らしやすかった、今の松平定信は窮屈でヤだねえ、などという庶民の本音が込められているのでしょう。
こんなふうに狂歌を作ることで御上への鬱憤を晴らしていたのかも知れません。

では最後に、私が作りました今年一年の出来事を詠んだ拙い狂歌を三つご紹介します。

一年の 終わりの手締め 上野から 幸せ響くヨーオシャンシャン
(手締めのシャンシャンとパンダの赤ちゃんのシャンシャンが掛かっております)

お次はノーベル文学賞。村上春樹ファンの心境です。

ハルキスト ディラン・ショックも 癒えぬまま もう慰め聞カズオ・イシグロ
(去年はボブ・ディラン、今年はカズオ・イシグロの手に・・・)

一番最後は、貴乃花親方派の立場から作りました。

礼節は モンゴル会の 出席と けして白鵬破らざること

いかなる理由も暴力を肯定することはできません。


ありがとうございました。

♬♬♬ ♪♪♪ ♫♫♫ ♪♪♪ ♬♬♬ ♪♪♪ ♫♫♫ ♪♪♪ ♬♬♬
 
今日のハル
「ヨルはカーチャンの膝の上がボクの定位置さ」
d0074962_21114558.jpg
d0074962_21115763.jpg


by cuckoo2006 | 2017-12-09 21:14 | 3分スピーチ@話し方教室 | Trackback | Comments(0)

「近所の気になること」3分スピーチ

皆さま、こんにちは。
今日のお題は、「近所の気になる事」。
近所のちょっと気になる喫茶店のお話をいたします。

それは、私の住んでいる西新井の駅のすぐ傍にある「シルビア」という喫茶店です。
階段を上って一歩店内に入ると、そこは昭和レトロの別世界です。

私がこの店を知ったのは、テレビ東京・土曜夜の「アド街ック天国」という番組でした。
毎回一つの街を徹底的に紹介します。
取り上げられた街にある場所のランキングが発表されます。
西新井の回の第1位は、もちろん西新井大師。
そして、この「シルビア」も第15位にランキングされていたのです。

すぐに行ってみました。
お店の入り口には誇らしげに「アド街ック天国・第15位」と張り出されていました。
テレビの効果は絶大です。
私のようなお客がたくさん来たのでしょう。

「シルビア」の1階は広大な面積のパチンコ屋さんです。
その2階部分がまるごと「シルビア」。
広々としたくつろぎの空間です。

ステンドグラスにシャンデリアという昭和へタイムスリップしたような雰囲気に、「シルビア」はテレビや映画のロケが何度も行われているそうです。

私が「シルビア」を好きなのは、とにかくゆったりとしていること。
4人のボックス席に一人客が点在しているので長い時間座っていても全く気を使いません。
食事もでき、ハンバーグにもオムライスにも焼きそばにも何でも味噌汁がついてきます。

落ち込んだ気分の時、なぜか「シルビア」へ足が向きます。
いつも注文するのは、ホットケーキセット。
ホットケーキには生クリームとバナナのスライスが添えられカラフルな粒々がトッピングされています。
やさしく懐かしい味です。
頭を空っぽにゆっくり過ごした後、階段を下りて「シルビア」を出ます。
すると、いつも不思議に心が充電されたように元気になっているのを感じます。
そんな西新井のオアシス「シルビア」のご紹介でした。

ありがとうございました。

シルビア店内
d0074962_17405429.jpg
(画像はお借りしました)



by cuckoo2006 | 2017-11-11 17:47 | 3分スピーチ@話し方教室 | Trackback | Comments(0)

「秋」3分スピーチ

皆さま、こんにちは。

先月「秋」というお題を聞き、私の頭に最初に浮かんだ事をお話しします。
それはまだ暑さの残る9月、ゼミ仲間男女5人で軽井沢へドライブした思い出です。

お金がない学生だった私達は、仲間の一人のお父さんの車で憧れの軽井沢へ向かいました。
はしゃいだ気分の私達は、車の中で秋の歌を一人ずつ歌う山手線ゲームをすることにしました。
一人ずつ秋の歌を歌い出し、続けて皆で合唱します。

♪今はもう秋~誰もいない海~~   
♪秋の夕日に照る山もみじ~~
♪うす紅の秋桜が秋の日の何気ない日溜まりに揺れている~~
♪小さい秋小さい秋小さい秋見つけた~~
 
5人でぐるぐる回るので秋の歌もだんだん尽きてきました。
すると仲間の一人がこんな歌を歌い出しました。

♪秋でもないのに人恋しくて寂しくて黙っていると~~

これはフォーク歌手・本田路津子さんの「秋でもないのに」というヒット曲です。

この歌について議論が始まりました。
「秋でもないのに」と歌っているのでこの歌は秋の歌には含まれないという派と、「秋」という言葉が入っているのだから秋の歌にカウントされるという派が激突したのです。
皆でギャーギャー言い合いました。

車内が険悪な雰囲気になった頃、車は軽井沢に到着しました。

40年前の軽井沢は、それはハイソな雰囲気でした。
金網越しに見たテニスコートには正田美智子さんと皇太子殿下の姿が浮かぶようでした。

有名な「万平ホテル」でお茶を飲もうなどと大きなことを言っていたのですが、私達がとても入れるような場所ではなく、普通のホテルでサンドイッチと珈琲を飲みました。
それでも当時の私達には目の玉が飛び出るようなお値段でした。

そして絵葉書を1セット買って皆で1枚ずつ分け合いました。
「軽井沢は空も雲も風も、もう秋です」と気取って書いたことを覚えています。

「秋でもないのに」が秋の歌なのかどうか今でも分かりませんが、
それは絶対に秋の歌ではない!とハンドルを握りながら言い張っていた男のコの顔を懐かしく思い出しています。

ありがとうございました。

♬♬♬ ♪♪♪ ♫♫♫ ♪♪♪ ♬♬♬ ♪♪♪ ♫♫♫ ♪♪♪ ♬♬♬

今日のハル
「絵手紙って美味しそうだなあ」
d0074962_15103806.jpg


d0074962_15065900.jpg


by cuckoo2006 | 2017-10-14 21:54 | 3分スピーチ@話し方教室 | Trackback | Comments(0)

「私の好きな乗り物」3分スピーチ

皆さま、こんにちは。

今日のお題は、「私の好きな乗り物」。
私の好きな乗り物、それは鉄道を走る列車です。
旅行に行く時は飛行機でなく必ず鉄道を選びます。

長崎へ行った時は片道7時間を往復新幹線と在来線で行きました。
「飛行機で行かなきゃ時間が勿体ないじゃない」と良く言われます。
けれども私にとっては「飛行機で行くなんて勿体ない」のです。
せっかく長く列車に乗れる機会だと言うのに一足飛びに目的地に着くことの方がよっぽど勿体ないと感じます。

列車に乗っている時間は私にとって特別な時間。
車窓を眺めながら、本を読んだり考え事をしたり、ゆっくり駅弁を味わったり少しも退屈しません。
車内販売のコーヒーを飲みながら、変わっていく窓の外の景色と向き合うような、自分自身と向き合うような、それはそれは贅沢な時間なのです。

今年の夏は、群馬の富岡製糸場へ行って来ました。
行き帰りに新幹線に乗るのも楽しみです。

東京駅から高崎までの行きの新幹線は「あさま」でした。
念願だった世界遺産の富岡製糸場をじっくり見学できました。

高崎へ戻る上信電鉄は偶然にも「絵手紙列車」でした。
「絵手紙列車」とは車内の壁いっぱいに全国から寄せられた絵手紙が飾られている電車です。
この電車は絵手紙を描く者にとっては一度は乗ってみたい有名な路線なのです。
ラッキーでした。

帰りの新幹線は「Maxとき」、またまたラッキーでした。
なぜならMaxがつく車両は全部2階建てです。
もちろん乗り込むとすぐに2階席へ駆け上がります。
広々とした夕暮れの車窓を眺めながら旅気分が一層盛り上がったことは言うまでもありません。

私が子どもの頃は列車が発車する時、警笛が鳴りカタッという振動とともに動き出しました。
私はそのカタッと動き出す瞬間が大好きでした。

今では新幹線は気がつかないくらいにスーッと滑り出します。
それでも列車が動き出す旅の始まるその瞬間には子どもの頃と同じようにワクワクします。


ありがとうございました。


♬♬♬ ♪♪♪ ♫♫♫ ♪♪♪ ♬♬♬ ♪♪♪ ♫♫♫ ♪♪♪ ♬♬♬

今日のハル
「今年の夏も去年と同じ秋川渓谷へ行ったよ。自分から川に入って行った勇敢なボクさ」

d0074962_20534336.jpg
d0074962_20533246.jpg


by cuckoo2006 | 2017-09-09 21:03 | 3分スピーチ@話し方教室 | Trackback | Comments(0)

「最近、大喜びしたこと」3分スピーチ

皆さま、こんにちは。
今日は、最近、大喜びしたお話をいたします。

ブログというものを初めて12年目になります。
好きな小説や映画の感想などを書いています。
でも、いまだに句読点の打ち方や会話文の挟み方など、これでいいのかなあ?と迷いながら書いています。
そんな時、近所のショッピングセンターの中にあるカルチャースクールに「やさしい文章教室」という講座を見つけました。

見学に行ってみると、受講生の書いたエッセーに、ここには「、」を打った方が良い、ここは「1マス」下げる、この部分は、もっと膨らませて、など丁寧に解説されていました。
それは、まさに私が知りたかったことです。
受講生同士で感想を言い合うのも楽しい時間でした。
すぐに入会を申し込みました。

いよいよ最初の講座の日です。
私は、芥川賞作家・又吉直樹の第2作「劇場」の感想文を提出しました。
ああ、何て言われるのかなあ、ドキドキしながら講師の先生の言葉を待ちました。
すると先生は、

イマイさんの文章は直すところがありません。どこで身につけたのでしょうか。

と言われたのです。
天にも昇るほど嬉しさを感じました。
最初から誉められてしまったので、どういう顔をしたら良いか分らず下を向いたままでいました。

講座が終わり、教室を出ました。
私の頭の中には、

イマイさんの文章は直すところがありません。どこで身につけたのでしょうか。

という先ほどの先生の言葉が果てしなくリフレインし、嬉しさのあまり普通に歩くことができませんでした。
小走りになるのを止められませんでした。
そして、トイレの中で思い切りガッツポーズをしました。

さて、待ちに待った2回目の文章教室の日です。
今回、提出したのは映画の感想文です。
しかし、今回は全く誉められません、、、
先輩方に比べても私の文章は平板でした。
ガックリです。

考えてみると、前回の褒め言葉は、多分に新人にやる気を起こさせる激励も含まれていたのだと分かりました。
それでも、あんなに嬉しい気持になれたのですから充分、得をした気分です。

「やさしい文章教室」では先生のことを編集長と呼びます。
書くことの好きなお仲間との、ひと時が毎月楽しみになりました。

ありがとうございました。

♬♬♬ ♪♪♪ ♫♫♫ ♪♪♪ ♬♬♬ ♪♪♪ ♫♫♫ ♪♪♪ ♬♬♬

=今日のハル=

9歳になりました!2008年8月4日、長崎生まれ)

「お散歩から帰ったら床にペタンとしてカラダを冷やすんだ。毎日暑いよね~」
d0074962_20032407.jpg
「その後はヘソ天でお昼寝サ」
d0074962_16264988.jpg






by cuckoo2006 | 2017-08-12 20:02 | 3分スピーチ@話し方教室 | Trackback | Comments(0)

「雨」3分スピーチ

皆さま、こんにちは。
今日のお題は「雨」です。

出かける時、雨が降っているとガッカリですね。
でもそんな中、雨が降っているとラッキーと思う場所があります。

それは鎌倉の明月院、通称あじさい寺です。
紫陽花は雨が降ると美しさが増します。
より鮮やかになります。
反対に、梅雨の晴れ間のかんかん照りの下では干からびて感じます。

ご存じの通り、明月院の紫陽花は青一色。
咲き始めの淡い色から段々に色が濃くなっていきます。
青のグラデーションが左右に広がる細い石段を上がって行きます。
紫陽花の中をカラフルな傘が一列に進む様子は一種独特の雰囲気です。

江ノ電に乗ると線路脇ギリギリに紫陽花が咲き乱れています。
小さな車両は紫陽花を揺らしながら進みます。
稲村ヶ崎、七里ヶ浜からは海が見えてきます。
その手前の長谷駅で降り、長谷寺にも寄ります。
長谷寺には赤い紫陽花も咲いています。

私は花の中で、特に青の紫陽花と薄いピンクのコスモスが好きです。
自分でもどうしてなのかなと思っていましたが、最近ようやく気づきました。
両方とも子供の頃長く住んでいた社宅の庭に咲いていた花でした。

紫陽花もコスモスも増えるに任せ、小さい庭に所狭しと咲いていたのです。
そんな事を思い出してから尚更紫陽花とコスモスが好きになりました。

今年も雨の季節の紫陽花を楽しみたいと思います。

ありがとうございました。


♬♬♬ ♪♪♪ ♫♫♫ ♪♪♪ ♬♬♬ ♪♪♪ ♫♫♫ ♪♪♪ ♬♬♬

今日のハル
「お散歩コースの公園の紫陽花キレイなんだあ」
d0074962_17402347.jpg


by cuckoo2006 | 2017-06-10 17:45 | 3分スピーチ@話し方教室 | Trackback | Comments(0)

「箱」3分スピーチ

皆さま、こんにちは。
今日のお題は、「箱」。
そこでカラオケボックスのお話をいたします。

去年の秋、ひょんなことから初めてカラオケボックスに足を踏み入れました。
人の前で歌を歌うのも何十年ぶりのことです。

隣の人を真似て自分の歌う曲をセットします。
私の頭には青春時代に口ずさんでいた歌しか思い浮かばず、南沙織とか山口百恵の曲を入れました。

いよいよ自分の番になり、前奏が流れ出します。
3分スピーチと同じだ、大声でゆくのだ、と覚悟を決め歌い出します。
歌っているうちに、音程はともかくとして、段々に気恥ずかしくなってきました。
なぜかと言うと、青春時代の歌なので、歌詞という歌詞が全部“乙女”なのです。

例えば、私の好きな南沙織の「色づく街」の一節、
♪ 母に甘えて~打ち明けるには~ ああ~ 少し大人過ぎるみたい~~
だいぶ大人過ぎます・・・

これではいけないと思い、家に帰った私は今の自分が歌っても違和感のない曲を探すことにしました。
便利なことにパソコンにはカラオケのサイトがあり練習ができるのです。
“カラオケで歌いやすいお勧め曲”も私には難しいものばかり。
それでも、試行錯誤の末、ようやく歌える曲を見つけ出しました。

梓みちよさんが私の救世主でした。
「ふたりでお酒を」、「寂しがりや」などが私の音域にぴったりだったのです。
それから、小柳ルミ子さんの「お久しぶりね」やテレサ・テンの「つぐない」もレパートリーに加えました。

初めてカラオケに行った日は、ウキウキ気分のまま帰宅しました。
それでも私の性格からして、音痴を披露したのですから、明日になればきっと布団被って死にたくなってるに違いないと思いました。
が、しかし、不思議なことに翌朝になっても清々しい気分はそのままだったのです。
一緒に行ったメンバーが優しくていい人達だったのが一番の理由ですが、やはりカラオケには、すべてを吐き出す浄化作用がある気がします。

自主練後、2回目のカラオケは前回より格段に進歩したように思います。あくまで当社比ですが。
ストレス発散も兼ね、自分を解放できるカラオケに出会えて良かった。
楽しい趣味が一つ増えた嬉しい気分です。

ありがとうございました。

♬♬♬ ♪♪♪ ♫♫♫ ♪♪♪ ♬♬♬ ♪♪♪ ♫♫♫ ♪♪♪ ♬♬♬

-今日のハルー
d0074962_18064700.jpg
「トーチャン早く焼き芋おくれよお」


by cuckoo2006 | 2017-05-14 18:31 | 3分スピーチ@話し方教室 | Trackback | Comments(0)

「匂い」3分スピーチ

皆さま、こんにちは。
今日のお題は、「匂い」。
久し振りに嗅いだ新築の木の匂いのお話をいたします。

今年に入って長男が約4年ぶりに独り暮らしを始めました。
新しい住まいは通勤時間が短くなる場所です。
引っ越しの当日、私達両親もどんな所なのか見ておこうと後から訪ねてみました。

長男が学生時代から住んでいたのは隙間風の抜ける六畳一間の古いアパートでした。
今度の所も1Kのこじんまりしたアパートですが、その外観はなかなかお洒落でした。
「ずいぶん出世したじゃないの」と息子をからかってやりました。

アパートの部屋のドアを開けた瞬間、ふぁーんと新築の木の独特の匂いがしました。
後から入って来た夫も「お、木の匂いがするなあ」とまず口にしました。
その新築の木のいい匂いに、不思議と息子の新しい生活に安心感が湧いてきました。

長男が出て行く前に、家で良く作る豚汁や野菜スープのレシピを持たせました。
夫は「いい年した息子に甘いねえ」と言いました。
その夫も部屋に入って直ぐに、いい年した息子にテレビのBSやビデオを繋いでやっています。

人の倍、紆余曲折を経た息子ですが、これからもここで元気に暮らして行くことを願っています。
新築の木の匂いも息子を応援しているように感じた、親馬鹿のお話でした。

ありがとうございました。

♬♬♬ ♪♪♪ ♫♫♫ ♪♪♪ ♬♬♬ ♪♪♪ ♫♫♫ ♪♪♪ ♬♬♬

今日のハル
「ボクのプライベート空間だよ。電信柱をイメージしてるんだ」

d0074962_21421230.jpg
d0074962_21424454.jpg


by cuckoo2006 | 2017-03-11 21:43 | 3分スピーチ@話し方教室 | Trackback | Comments(0)