小説、映画、絵手紙、都々逸
by cuckoo2006
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
本(日本のもの)
本(外国のもの)
海外ミステリー
村上春樹
邦画
洋画
舞台
えてがみどどいつ
3分スピーチ@話し方教室
エッセイ@文章教室
未分類
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
最新のコメント
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 12:01
万葉仮名・・・そうですか..
by jyon-non at 18:02
良い本を教えてくださって..
by cuckoo2006 at 22:31
jyon-nonさん ..
by cuckoo2006 at 22:22
なんだか、ハサミのことな..
by jyon-non at 18:17
素晴らしい本のご紹介文で..
by jyon-non at 18:14
我が家の実感句であります..
by cuckoo2006 at 13:29
アハハ、そうかもしれませ..
by jyon-non at 16:00
こんにちは。早かったです..
by jyon-non at 15:58
いつもありがとうございま..
by cuckoo2006 at 23:30
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
修羅を脱け出せるのはデク..
from 梟通信~ホンの戯言
アントーニオは鬱で猿之助..
from 梟通信~ホンの戯言
イリュージョニスト
from 龍眼日記 Longan D..
武士の一分
from 映画や本を淡々と語る
mini review ..
from サーカスな日々
「手紙」東野圭吾著、読ん..
from 男を磨く旅
エジンバラ といえば
from エジンバラ?
チルドレン |伊坂 幸太郎
from ミステリー倶楽部
ブルー・リボン賞。渡辺謙..
from 芸能ニュース 速報ニュース ..
ブックマーク  (五十音順)
タグ
(64)
(50)
(36)
(10)
(7)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2019年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

卯月「傘」えてがみどどいつ

d0074962_21190994.jpg
父を待ってる改札口は胸に抱えた黒い傘

by cuckoo2006 | 2019-04-19 13:17 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(0)

卯月「アヤメ」えてがみどどいつ

d0074962_21193700.jpg
薬袋の万葉仮名の母の名前は母らしい

by cuckoo2006 | 2019-04-14 15:13 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

「夜中に犬に起こった奇妙な事件」マーク・ハッドン【著】

 
d0074962_14503149.jpg

内容(「BOOK」データベースより)

数学や物理では天才なのに、他人とうまくつきあえない自閉症の少年クリストファー。ある夜、近所の飼い犬が殺された。彼は探偵となって犯人を捜しながら、事細かに記録を取る。やがて驚くべき事実が明らかになり…事件を通して成長していく少年の心を描いた、『アルジャーノンに花束を』をしのぐ感動作。


 jyon-nonさんがブログで紹介くださった本。これは読んでみたいとすぐに図書館で借りて来ました。

 主人公は15歳のクリストファー。彼は真夜中に向かいの家の犬が殺されているのを発見します。殺された黒いプードルのウエリントンが好きだったクリストファーは犯人を見つけ出すことを決意。そしてウエリントン殺しの犯人を探し出す一部始終をミステリー小説にすることにします。

 クリストファーによって書かれたミステリーという形で物語は進みます。しかし読者は、この話何だか変だなと気づきます。まず本を開いた最初の章が「2」なのです。続く章は3、5、7、11、13と続きます。その理由はクリストファーは素数が好きだから。高機能自閉症の特性を備えた彼は、難解な数学の問題をスラスラ解いてしまう一方、人の表情を読み取ること、その表情から相手の意図を汲み取る能力がありませんでした。

 犬を殺した犯人を捜すのと並行してクリストファーの日常生活が描かれます。彼の視点から見た世界が展開されるのですが、それを私達のいる世界から見ると180度違うものになります。クリストファーにとって当たり前の行動が、周囲のすべての人々の平穏を奪っているという現実。クリストファーの物差しが作り出した決まり事、それに従った生活を強いられる家族に唯々同情心が沸きました。

 けれどもその感覚は少しずつ変化していきます。ロンドンへ向かうことを決めたクリストファーは乗換え駅のベンチで長時間うずくまります。目まぐるしく迫まる雑踏は彼の最も苦手なものでした。いつの間にかクリストファーの視点で世界を見ていることに気づきます。ポケットに入れてきたネズミのトビーが逃げ出し、線路を追いかけるところは私の一番好きなシーンでした。

 最後にクリストファーの一番の願いが叶います。そしてトビーが天寿を全うした後、お父さんから貰った思わぬプレゼント。ウエリントン殺しの犯人ももちろん判明します。

by cuckoo2006 | 2019-04-11 21:55 | 本(外国のもの) | Trackback | Comments(2)

卯月「枝切り鋏」えてがみどどいつ

d0074962_21192365.jpg
暇で丈夫でいい人だから そこのところを頼み込む

by cuckoo2006 | 2019-04-09 21:23 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)

卯月「デコポン」えてがみどどいつ

d0074962_14474203.jpg
言い争いなど以ての外の妻の語彙緑記憶力

by cuckoo2006 | 2019-04-05 14:03 | えてがみどどいつ | Trackback | Comments(2)